ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長 インドネシアの板野友美に「ホントいい娘だなあ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が、世の中のさまざまな話題に対して縦横無尽に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、ツイッターで自由奔放につぶやいている高須院長の「炎上しないための立ち回り術」を聞いた。

 * * *

──高須先生はツイッターで頻繁につぶやいていますが、いわゆる“炎上”騒ぎになることはあまりないですよね。どちらかというと過激な発言も多いと思うのですが(笑い)。

高須:そうなんだよ。基本的に危ない発言ばっかりなんだけどね(笑い)。まあ、たまに文句を言ってくる人もいるんだけど、いつの間にかみんな静かになっちゃうんだよ。個人的には、もうちょっと言い合いになっても面白いかと思うんだけどね(笑い)。でも、ちょっと炎上したのは「マイケル・ジャクソン病」(※)の時かな。

(※『ザ・ベストハウス123』(フジテレビ系)の中で、高須院長が、美容整形手術を何度も繰り返して受ける“整形依存”の人のことを「マイケル・ジャクソン病」と表現した。)

──マイケル・ジャクソンのファンからクレームが殺到したというやつですね。

高須:あの時も、ひとつひとつのツイートにしっかり反論したんだよ。こっちは間違ったことを言っているわけでも、悪意があって「マイケル・ジャクソン病」と言ったわけでもないからね。で、とにかく全部に反論していたら、「高須に何を言っても仕方ない」ってことになっちゃったみたい(笑い)。

──でも、ツイッター上で文句を言われることはあっても、たとえば、スパムメールが大量に送られてくるようなことはないんですよね?

高須:そう。ありがたいことに、そういう実害はない。ネットをやってて嫌だと思うこともない。楽しいだけだよ(笑い)。なんだかねえ、「高須に文句を言うとひとつひとつに反論してくる」っていうのが、文句を言ってくる人にしてみたら楽しくて、嬉しいんじゃないかと思うんだよね。やっぱり、ツイッターでもフェイスブックでも、コミュニケーションを取ることが大きな楽しみで、そこがネットの良いところだもんね。文句を言っても無視されれば、怒りもどんどん蓄積されるかもしれないけど、反論でも何でも会話をしている相手に対しては、「お前、殺してやる!」みたいなことにはなりにくいんだと思うよ。

──なるほど。積極的に交流することが、炎上しない秘訣ってことですね。

高須:そうかもしれないね。基本は来る者拒まず。でも、たまに変な人に出くわしちゃうこともあるよ。ちょっと前に、フェイスブックで「板野友美」っていう名前のユーザーから友達リクエストがあって、本人だと思って、友達になってたくさん話しかけてたんだよ。そしたら、全然違う人なの。しかもインドネシア人(笑い)。いやあ、ビックリした。

──インドネシア人! いわゆるなりすましってやつですね。

高須:だって、大島優子とか、渡辺麻友とかもみんな友達に入ってるんだよ。写真もたくさん載ってたし、公式ブログとか所属事務所ホリプロの公式サイトのリンクもあったから、信用しちゃったんだけど、よくよく考えたら、逆に怪しいよね。プライベートでフェイスブックをやってたら、そんなリンク貼らないもんな、普通(笑い)。

──まあ、仮に板野友美がフェイスブックをやっていたとしても、偽名でやるでしょうし、写真も載せないでしょうね。

高須:今思えば、載ってた写真もどこかで見たことがあるようなものばかりだったよ…。

──その画像もネットで拾ってきたヤツだったんでしょうね。

高須:たしかに、全部英語で書かれてて、「なんでこんなに英語が上手なんだろう?」って思ったんだよね。てっきり、世界進出のために英語を勉強してて、英語で更新してるんだと思っちゃってたよ(笑い)。

──もし板野友美が英語でフェイスブックをやってたら、もっと世間で話題になってますよ。

高須:ほら、中国で人気のある蒼井そらだったら、中国語も上手に使ってるでしょ。ああいう感じだと思ったんだよね。蒼井そらは、話しかけても全然相手してくれないけど、インドネシアの板野友美はすぐに返事をくれて、「ホントにいい娘だなあ」って思ってたんだけどね…。どうりで日本語が通じないわけだ(笑い)。

 * * *

 インドネシアの板野友美の偽物に騙されてしまうとは、なんてお茶目な高須院長。それにしても、ブログにツイッター、フェイスブックを使いこなし、さらには積極的に交流を仕掛けていく高須院長の若々しさには、驚くばかりです。

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。9月、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)を上梓した。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須院長 恋人の西原理恵子さんには整形も脂肪吸引も許さず
高須克弥院長 「明日ママ」のCM自粛は制作者にとっても屈辱

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP