ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長「安倍首相の顔は右側たるみすぎ」とストレス過多指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が、世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、“アベノミクス”で株価も上昇し、景気対策の面で成果を出しつつある安倍晋三首相の顔を“美容整形のスペシャリスト”として分析する。

 * * *

──今回は安倍首相の“顔”について美容整形のスペシャリストの立場から、お話をうかがいたいと思います。

高須:(安倍首相の顔写真を見ながら)ちょっと左右のバランスがよくないよね。歪んでる。右側のほうが老化のスピードが速くて、すごくたるんでるんだよ。

──顔の歪みですか…。老化のスピードって左右の顔で違ったりするんですか?

高須:違いますよ。基本的に右側のほうがたるみやすい傾向があるんだけど、安倍さんの場合は年齢の割にちょっと左右の差が激しいね。前回、総理大臣になった時と比べると、かなり右側がたるんで見えるもんなあ。ちょっとストレスが大きかったのかなあ。

──ストレスが顔に出てくるということですか?

高須:そう。ストレスもそうだし、何かしらの病気を患っていると顔がたるむこともある。顔は肉体と精神の“出先機関”だからね。体の中で起きていることが、現れちゃうんだよ。今の顔を見る限りだと、安倍さんは治ったって言ってるけど潰瘍性大腸炎のせいで、相当苦労したんだろうね。

──それは心配ですね…。ちなみに、リーダーの顔としてはどう感じますか?

高須:ちょっと優しすぎるかな。おじいちゃんの岸信介元首相のほうがもっと“すごみ”がある顔だった。まあ、くぐってきた修羅場の数が違うもんな。岸信介は、太平洋戦争でA級戦犯になって(のちに不起訴処分)、それから総理大臣になったような人だからね。安倍さんは、ちょっと育ちの良さが出ちゃってる。“ボンボンっぽい”というかね。

──つまり、日本のリーダーの顔としては、安倍首相の顔は物足りない?

高須:強い政治家っていうのは、顔も崩れないんだよ。昔でいったら中曽根康弘元首相とかね。歪みもなくしっかりしてたでしょ? 小泉純一郎元首相も顔が崩れてないもんな。今なら、小沢一郎氏なんかがすごく強い顔をしているね。老化のせいでたるみが出ているけど、左右のバランスはいい。そういう人たちに比べると、安倍さんは弱く感じちゃうね。

──ちなみに、中国では習近平氏が中国の事実上のトップになり、韓国では朴槿恵氏が大統領選に勝ちました。新しい東アジアのリーダーたちの顔はいかがでしょうか?

高須:習近平総書記はきれいな顔をしているね。この人はやり手だな。温家宝首相や胡錦濤国家主席よりもリーダーシップが強いかもね。朴槿恵氏もまだ若いから当たり前だけど、きれいな顔をしている。習近平も朴槿恵も健康そうだね。そこは北朝鮮の金正恩第一書記も一緒。なんだか、安倍さんだけが心配になっちゃう顔なんだよなあ…。

──東アジア情勢を占ううえで、重要なのがアメリカだと思うんですが、バラク・オバマ大統領はいかがですか?

高須:うーん、なんだかここ最近で急に老けこんだ気がするな。その点は安倍さんに近い雰囲気を感じる。ストレスも大きいんだろうね。でも、眼力は相変わらず強いね。習近平の口元にオバマ大統領の眼力があったら、政治家の顔としては最強なんじゃないかな。まあ、それよりも強い顔を持ってるのがロシアのプーチン大統領だけどね。「良心すらないんじゃないの?」って思っちゃうくらい強い顔(笑い)。顔だけで政治ができるよ。

──結局、“顔”でのチャンピオンはプーチンだと。

高須:間違いない。もうあれは別カテゴリーだよ。政治家というよりファイターだね。

 * * *

 さすが、美容整形外科として数多くの顔を見てきただけに、政治家の顔についても鋭い分析を展開した高須院長。アベノミクスによる財政再建に期待のかかる安倍首相に、ストレスの可能性を指摘したのはちょっと気になりますが…。

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。最新刊は『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
安部首相ウェブマガジンから44本の記事を厳選・再録した本
安倍首相 民主党・小西議員を前にすると異常にヒートアップ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP