ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子アイスホッケー代表チーム愛称「くのいちジャパン」案も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 来年2月に行われるソチ冬季五輪に出場権を獲得した女子アイスホッケー日本代表チーム。スロバキアで行われた最終予選は、NHK BS1で生中継されるなど、注目度も急上昇中だ。

 そんな最終予選の生中継で、選手たちに負けないくらい存在感を発揮していたのが、日本アイスホッケー連盟のオフィシャルパートナー「高須クリック」の高須克弥院長。交際中の漫画家・西原理恵子さんとともに、スタンドで声援を贈る高須院長の姿が、気になって仕方なかったという視聴者も少なくないのでは?

実は、最終予選前、NEWSポストセブンの取材に対し、「ぼくが応援に行ったら必ず勝つんだよ」と話していた高須院長。まさにその通りの結果となったわけだが、今後、ソチ五輪出場にあたり、強化費1億円の支援を表明、贈呈式を行う計画もあるという。

 さらに、認知度アップのため、今春にオンエアーされる高須クリニックのテレビCMに代表選手を起用する計画もあるとのこと。強力なサポート体制によって、メダル獲得もグッと近づきそうだ。

 認知度アップという意味では「なでしこジャパン」のような愛称を設けてほしいところ。選手サイドからは「スマイルジャパン」を希望する声も出ているが、現時点ではまだ決まっていない状況。そこで、日本アイスホッケー連盟が愛称を募集する計画が明らかになると、なぜだかネット上では高須院長のツイッターに愛称のアイディアが寄せられる事態となった。

 たとえば「くのいちジャパンは?」というネットユーザーの意見に、高須院長は「くのいちは卑怯な術を使うイメージじゃないかな(;´д`)♪日本女子アイスホッケーチームは爽やかだよ♪」と返答。続いて、「なぎなたジャパンはどうでしょう」というアイデアが出ると、「『含み針日本』って面白いんでは?」と返し、さらに「それなら手裏剣ジャパンのほうがよい」という意見には、「撒き菱ジャパン(笑)」と応酬している。

 また、一部で「高須ジャパン」という案が出ていたことに対しては、「『高須ジャパン』なんて書くなよ!ボランティアが台無しになっちゃう(´・ω・`)」とコメント。宣伝目的でパートナーになっているわけではなく、あくまでもアイスホッケーを盛り上げたいという気持ちでサポートしているようだ。

「とにかく、女子アイスホッケーはエキサイティング。試合を見てもらえれば、全国民がハマるはず。かわいい子も多いから人気も出るだろうね。ただ試合中は顔が見えないけど(笑い)」

 と、太鼓判を押す高須院長。来年のソチ五輪で女子アイスホッケー日本代表の活躍が、今から楽しみだ。

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。最新刊『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)が話題。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須克弥院長 「明日ママ」のCM自粛は制作者にとっても屈辱
シュールすぎて話題のあのCM 高須院長が制作ウラ話を披露
「ポセイドンジャパン」「さくらジャパン」「隼ジャパン」は何?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。