ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長 アイホ女子は「銅メダル射程圏内。金メダル狙える」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が、世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回のテーマは、2014年のソチ冬季五輪への出場を決め、注目が集まるアイスホッケー女子日本代表。オフィシャルパートナーとしてアイスホッケー日本代表をサポートし、自身もアイスホッケーをプレーしていたという高須院長が、その魅力を語ります。

 * * *

──まずは、アイスホッケー女子日本代表のソチ五輪出場、おめでとうございます! 

高須:ありがとう! いやあ、本当にサポートしてきてよかったよ。

──五輪出場に向けて、今後もオフィシャルパートナーとしていろんなサポートの計画を練っているんですよね?

高須:とにかく経済面でのサポートを中心にやっていくことになると思う。だってさあ、選手はみんなアマチュアで、全然お金がないっていうんだよ。正社員になっちゃうと試合や練習で仕事を休めなくなるから、みんなアルバイトでやりくりしてるんだもん。海外遠征に行くにしても、毎回5万円自腹を切って行ってるんだからね。

──たしかに大変そうですよね。飛行機もエコノミーらしいですしね。

高須:そうなんだよ。遠征先の移動では飛行機を使わないで、長距離バスを使うこともあるみたいだしね。本当に良いチームなのに、そういう部分で選手が疲弊しちゃって、プレーにも影響が出てくると思うんだよ。だから、せめて金銭面でサポートしてあげようと思って。

──報道では寄付金1億円の贈呈式を行う計画もあると出てましたよね。

高須:できれば、1億円を現金で直接渡したいんだよ。小切手だとなんだかリアリティーがないでしょ? 選手たちも目の前に1億円の札束の山を出されたら、「大金が動いている!」ってテンションも上がると思うんだよね(笑い)。ちなみに、五輪出場が決まって選手たちに出た褒賞金は10万円だったんだってね。1億円はその1000倍だから、絶対にやる気も出るはずだよ。ただ、現金を渡すとなると、下品だって言われちゃうかもしれないから、ちょっと難しいかもなあ…。

──そして、五輪で活躍したあかつきには、何かご褒美も用意しているとか…?

高須:選手たちに美容整形手術をしてあげる。整形し放題(笑い)。そんなことを言ってたら、選手たちも「うれしい!」「豊胸! 豊胸!」って喜んでくれてねえ。本当にノリがよくて、優しい娘たちだよ(笑い)。

──いずれにしても、来年の五輪ではかなり注目を浴びることになると思うんですが、高須院長から見て、女子アイスホッケーの魅力とはどんな部分ですか?

高須:やっぱりスピード感、そしてゲームの展開の速さだね。あとは、エキサイティングな体と体のぶつかり合い。といっても、女子の場合は基本的にボディーチェックは認められていないから、反則になっちゃうんだけどね。ただ、それでもわざと体をぶつけて相手を挑発するっていうプレーが結構多い。アイスホッケーの場合、反則すると基本的に2分間の退場になるんだけど、それだけのリスクを冒してでも、相手を潰すっていう駆け引きがあるんだよね。肉を切らせて骨を断つじゃないけど、自分が退場になってでも相手を退場にさせるみたいな。そういう部分は、まさに「氷上の格闘技」だよね。

 あとは、わかりやすさも魅力かな。冬の五輪だったらフィギュアスケートも注目だろうけど、芸術点みたいなのって、素人には難しいもんね。ジャンプにしたって、飛距離だけで争っているわけじゃない。でも、アイスホッケーはとりあえず点を取ればいいだけだから、単純明快。誰でも楽しめるよ。

──ちなみに、高須院長は学生時代にアイスホッケーの選手だったわけですが、今でもプレーすることはありますか?

高須:昔は、マスコミ関係者のアイスホッケー経験者を集めて、僕がスポンサーになって試合をやったこともあったけど、今はさすがに無理だな。たしか20年くらい前に、OB戦に出たこともあったんだけど、まあ全然動けなかったね。そのときはキーパーをやってたんだけど、全然パックのスピードに追いつけなかった。パックがゴールに入ってから、自分の体がやっと動くみたいなね。これ以上やったら恥をかきまくると思って、もう辞めちゃったよ(笑い)。

 若い頃は、どんなに下手でも恥はかかなかったんだけどね。後輩と試合するときは、「足慣らししておけ」って言って、リンクを何周も回らせてヘトヘトにしてから試合してたから、絶対に負けなかった(笑い)。こんなことを言ったら怒られるかもしれないけど、後輩へのシゴキは必要だよ。シゴキがないと、簡単に先輩がやられちゃうもん。先輩の威厳を保つために、シゴキは絶対必要(笑い)。

──なんて身勝手な理由なんですか(笑い)。さて、ソチ五輪ですが、アイスホッケー女子日本代表はメダルを取れるのでしょうか?

高須:今、日本チームの世界ランクは11位で、上位にはアメリカ、カナダ、ヨーロッパの各国が並んでいるんだよ。欧米の選手に比べると日本の選手は体格も小さくて不利だけど、その分はスピードとかトリックプレーでカバーするっていう感じだね。まさに女子サッカーのなでしこジャパンに近い部分がある。そう考えると、メダルも絶対に無理とは言えないと思う。銅メダルなら充分射程圏内だし、金メダルだって不可能じゃない。今から、国内での認知度を高めて、みんなで女子アイスホッケーを盛り上げていけば大丈夫。絶対にメダルを取れると思うよ。

 * * *

 メダル宣言も飛び出した高須院長。経済的なサポートだけでなく、高須クリニックがスポンサーを務めるテレビ番組『スッピン!』(TBS系)に代表選手たちを出演させるなどして、認知度アップも図っていくとのことだ。ソチに向かって躍進するアイスホッケー女子日本代表から、目が離せない。

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。最新刊『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)が話題。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女子アイスホッケー代表チーム愛称「くのいちジャパン」案も
女子アイスホッケー日本代表フェイスブック禁止令に賛同の声
パズドラにハマった山岸舞彩アナ 番組不調の危機感でやめる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP