ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長「憲法は教義じゃない。現実に合わせて変えるべき」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が、世の中のあらゆる事象を自由に斬るシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、ツイッターでの自由奔放な発言も好評な高須院長が、憲法改正、そしてネットにおける右傾化について語る!

 * * *

──昨年の衆院選のときは、某政党から出馬のオファーがあったとおっしゃっていましたが、7月の参院選ではどうだったんですか?

高須:今回はどこからのオファーもなかったよ。まあ、ツイッターでちょくちょくつぶやいているんだけど、ちょっとしたネトウヨみたいなものだから、避けられちゃったかな(笑い)。北方領土はもちろんだけど、樺太も日本の国土だとか、竹島や尖閣諸島だけとはいわず台湾も日本に帰属すべきだとか、好き放題にめちゃくちゃなことをつぶやいてるからね。出馬しても勝てませんよ(笑い)。

──もしも、高須先生が選挙に出るときは、あのツイッターを全部削除する必要がありますね。

高須:そうそう。で、「みなさんの幸せのために頑張ります!」みたいなことだけをつぶやきますよ(笑い)。

──まるで人が変わったみたいに(笑い)。そして、参院選では自民党が圧勝し、安定政権が確立されました。憲法改正の議論も本格化してくると思うのですが、高須院長は憲法改正についてどう思いますか?

高須:そりゃあ改正した方がいいに決まってるよ。だって、世の中はどんどん変わっていくんだから、それに合わせてルールも変えていくべき。それなのに憲法だけは60年以上も変わらないままっていうのは不自然だよ。宗教の教義じゃないんだから。

 たとえば9条にしたって、自衛権を完全に放棄しているのかどうかみたいな議論もあるし、自衛隊を違憲だと考えることもできる。要するに現状の憲法には矛盾があるんだよね。それって、絶対におかしいでしょ。現実に沿った形で、憲法を改正するべきだと思うよ。それができないっていうのなら、それこそ宗教になっちゃうよね。日本国憲法を教義とした宗教。それってもう国家ではないよね。

──なるほど。さきほどもツイッターで“ネトウヨ”的なつぶやきをしているとおっしゃいましたが、ネット上での反応などを見ていて、そういった意見が広まっているような空気は感じますか?

高須:マグマが溜まっていると思うなあ。今は反中国、反韓国の意見が目立ってるけど、そのうち一気に反米化するんじゃないかっていう気もするなあ。

 たとえば、日本はアメリカに対して太平洋戦争の補償を求めるなんてことはしていないけど、遺族にしてみたら本当は補償してほしいと思ってるはずなんだよ。原爆が落とされたのも、アメリカ軍が何十万人の敵国民を一発で殺すことができるっていうことをアピールするためだっていう側面もあるわけでしょ。それなのに、原爆を落としたアメリカが悪いわけではなく、原爆を落とさせた日本が悪かった、みたいな自虐史観が蔓延っている。そんなのおかしいよね。そういう教育がこの先ずっと続けられるってのはあり得ない。

 そういったアメリカに対する不満とか、戦後の日本が抱えてきた矛盾に対する不満なんかが、そろそろ爆発するんじゃないかって思うんだよ。爆発の仕方によっては危険なことだけど、歴史を正当に評価するっていう意味では重要だよね。

 * * *

 憲法改正の正当性を主張した高須院長だが、8月5日にツイッターで「この度、物凄く大きな力が働いて、ネトウヨを引退することになりました。いままで支援してくださったみなさん(-_-)/~~~ありがとうございます。さようなら」と発言。いったい何があったのか…今後の高須院長の動向にも注目だ。

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。近著は『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
香山リカ氏 憲法改正の盛り上がりは不安からの逃避に見える
拒否権に近い参院の権限は民主制の要件から見て問題との指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。