ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

噂の安藤美姫CMがついにお目見え 契約までを高須院長語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ソチ五輪出場を目指すフィギュアスケート・安藤美姫選手(25才)が、美容整形・美容外科の「高須クリニック」のCMキャラクターに決定。9月7日からオンエアされるCM内容が明らかになった。

 以前、NEWSポストセブンの取材に対し、安藤美姫選手に対して「全面的に支援したい」と熱望していた同クリニックの高須克弥院長。今回のCMイメージキャラクター起用で、その思いが届いたことになる。

 いずれは撮りおろしのCMも考えているとのことだが、第1弾となる今回は安藤選手が氷上を華麗に舞う過去の名演技の映像を使用。その理由について、高須院長はこうコメントした。

「今はとても大事な時期だから、CMの撮影で安藤選手の時間を奪いたくなかった。それよりも何よりも、次の大会に向けて練習をしてほしい。CM撮影が安藤選手の負担になってしまうのは不本意ですから。そして、CMを見た人たちに、“安藤選手を応援したい”って思ってもらえたらうれしいです。安藤選手のファンを増やしたいですね」

 CMキャラクター契約はあくまでも第一歩であり、今後はもっとさまざまな形でサポートをしていくつもりだという。

 高須院長が支援に名乗りを上げてから約1か月での電撃契約の発表。実現した背景には、安藤選手を応援するファンクラブの存在が大きかった。

「こちらとしては安藤選手サイドに直接お話をしたいとさまざまなルートを探しました。そんなとき、安藤選手のファンクラブの関係者から“ぜひ美姫ちゃんをサポートしてあげてほしい”という内容のお手紙をいただいたんですよ。その関係者を通じて、安藤選手に近い方と直接お話をすることができたんです。安藤選手の活躍を願うファンの力が後押ししてくれました」(高須クリニック関係者)

 

 8月初旬には、高須院長はアメリカから帰国した直後の安藤選手と都内のホテルで面会。すぐにCM契約を結ぶことが決まった。

 

 高須院長は、8月25日には横浜で開催されたアイスショー「フレンズオンアイス2013」へと安藤選手の応援に駆けつけたが、こんなジレンマを感じているとのこと。

「あんまり派手に応援しちゃうと、プレッシャーになっちゃうんじゃないかと思って心配しているんですよ。女子アイスホッケーなら、大声で声援を送ってもいいけど、フィギュアだとそうはいかないから。これが演技スポーツの難しいところですね。でも、主役は応援する側の僕ではなく、あくまでも安藤選手なんだから、彼女がいちばん演技しやすい形でサポートしていきます」

 とにかく、高須院長という強力なサポーターを味方につけた安藤選手。これで、ソチ五輪出場もグンと近づきそうだ。

<プロフィール>

 高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。近著は『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須院長 安藤美姫のスポンサーに名乗り「全面的に支援する」
高須克弥院長 「明日ママ」のCM自粛は制作者にとっても屈辱
シャトルバス1回3万円 ソチのボッタクリ事情を高須院長暴露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP