ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長「ネットの悪ふざけ投稿は磔獄門市中引き回しの刑」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ツイッターでの奔放な発言でもお馴染みの高須クリニックの高須克弥院長が、世の中のさまざまな話題に対して縦横無尽に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回はツイッターやフェイスブックで頻発した“悪ふざけ投稿”を斬る!

 * * *

──ちょっと前からツイッターやフェイスブックでは“悪ふざけ投稿”というものが、取り沙汰されています。飲食店のアルバイトが厨房で不衛生な写真を撮ったり…。

高須:でも、そういうことをツイッターとかで自慢しちゃう人は、もっと不衛生なことをやってるかもしれないよ。ツイッターで公開したのは冷凍庫に入るくらいのことだったけど、写真を撮ってないところでは、どんなヒドい悪ふざけをしているかわかったもんじゃない。

──ツイッターでの悪ふざけは氷山の一角だと。

高須:そう。でも、消費者としては、そういうとんでもないヤツが飲食店で働いているっていうことを知れただけでも、意義があることだったのかもしれない。実際、それでクビになったりしてるわけでしょ。

──そうですね。悪ふざけ投稿をして、ネットで騒ぎになったアルバイト店員は、みんなクビになってますし、閉店してしまった店舗もあります。

高須:もちろん悪ふざけをするヤツが悪いんだけど、それを雇っていたほうにも責任はある。経営者としてはクビにするのは賢明な判断だと思うね。隠蔽するほうが罪は重いよ。さらに、隠蔽していたのがバレたら、もうどうしようもないだろうね。炎上なんて騒ぎじゃない。

──その“炎上”なんですが、個人情報をさらされるケースも少なくない。悪ふざけはダメだとしても、「炎上させるのはやりすぎなんじゃないの?」という意見もあります。

高須:いや、炎上させるべきだと思うよ。だって、悪ふざけをすることは絶対に悪いことなんだし、「炎上させるのはかわいそう」っていうことはありえない。どんどん怒りをぶつけて、大問題にするべき。悪いことをしたら報いがあるっていうのは、当たり前のことだよ。しかも、悪ふざけを自分から公開してるんだから、別にいろんな情報をさらされてもいいってことでしょう。そこは自業自得。ネット上での「磔獄門市中引き回しの刑」で問題ない。それに、ほかのネットユーザーにも、悪ふざけを自慢したら、まともに外を歩けないほどに総攻撃を受けてしまうんだ…って思わせるべきだと思う。

──とはいえ、ネット上で顔や個人情報がさらされることは、実生活への影響も大きいですよね。バイトをクビになったり、学校から処分を受けたり、内定を取り消しになったというケースもある。まともに生活ができなくなってしまう人もいるかもしれない。そういう人が社会復帰するにはどうすれば良いと思いますか?

高須:整形手術をすればいいよ。

──なんとシンプルな回答! 実際に、これまでの生活をリセットするために顔を整形するという患者さんはいるんですか?

高須:この頃は少ないけどは、開業した当時は多かった。「借金取りから逃げるためにまったく違う顔にしてくれ」なんていう患者さんはよくいたね。でも、顔を整形しても後ろ姿は変わらないから、それでバレることもあるらしいよ。街中で「おい、〇〇」って借金取りに名前を呼ばれて、思わず振り向いて気づかれちゃうっていう(笑い)。

──顔は変えられても、長年慣れ親しんだ名前への反応はどうしようもなかったっていうことですね。

高須:反射神経は整形手術でどうにもならないからなあ(笑い)。あと、刑期を終えた人が、これまでとまったく違う人生を歩みたいっていう理由で顔を整形するっていうケースもあったね。悪い仲間と縁を切るには、それがいちばんだ、っていうね。

──じゃあ、悪ふざけでバイトをクビになったヤツは整形をすれば社会復帰できるということですね(笑い)。

高須:そう。ぼくが手助けするよ(笑い)。

 * * *

 ネット上の“悪ふざけ投稿”を容赦なく切り捨てた高須院長。そして、その後の炎上についても極めて肯定的に捉えている。はっきり言って、誰かが何かを言って止められるものでもないのが炎上。ここはひとつ、炎上が悪ふざけの歯止めになってくれることを期待するべきなのかもしれない。

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。近著は『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ネットの悪ふざけ ルール違反ぎりぎりをみせる“芸”の模倣
内田樹「ツイッターの炎上は出来の悪い芸へのブーイング」
呉智英 ネットの悪ふざけ投稿は「文明的な問題」と指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP