ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長、学生時代ゴーストライター経験 対価として秘技習得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が、様々な出来事に自由な意見をぶつけるシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、ゴーストライター問題、STAP細胞問題と、立て続けに起きた“ウソ”に関する騒動についてお話を訊きました。

 * * *

──佐村河内守氏のゴーストライター問題、そしてSTAP細胞論文問題と、ここ最近はウソだとか、ねつ造だとか、そういった問題が相次いでいます。

高須:いやあ、けしからんよ。佐村河内氏は置いておくとしても、科学の世界でウソは許されない。

──ああいうことが一度あると、科学の世界では頻繁に行われているのではないかと思われてしまいますよね。

高須:そう。データの改ざんなんてもってのほか。絶対に許さない。でも、実はゴーストライターだったら、科学の世界でもあるんだけどね。ぼくも大学院生時代にゴーストライターをやったことあるし。

──えっ!? 本当ですか?

高須:当時、ぼくの大学に支援をしてくれていたとある有名な美容外科の先生がいたんだけど、その先生が博士号をとるための論文を書くことになったんだよ。でも、まあ忙しい先生だから、研究に時間を割くことができない。そこで、ぼくが論文を書いたわけですよ。

──完全にゴーストライターじゃないですか!

高須:そう。先生はすごく感謝してくれて、お礼と言ってはなんだけどって「秘技」を教えてもらったんだよ。

──「秘技」ですか?

高須:これさえ知っておけば食いっぱぐれることがないって言われて、いろんな美容外科の技術を教えてもらったんだけど、最初に教えてくれたのが、処女膜再生の方法(笑い)。といっても、本当に処女膜を作るんではなくて、初夜の時だけ痛くなって出血すればいいっていうやつでさ。マラソンゴールのテープあるでしょ、ああいう感じで膣の両側をテグスで繋ぐんだよ。いざ挿入という時に、そのテグスのとこがブチッと切れて出血するの。

──すごい簡単な秘技ですね(笑い)。

高須:でも、開業した頃はこの処女膜手術を受ける患者さんがたくさんいたんだよ。手術時間は1分だし、患者さんに対する負担も少ないし、医者も失敗しないし、費用もかからないしで、最高の秘技だったと思うね。

──まさにコロンブスの卵のような発想ですね。

高須:本当の処女膜再生手術は結構大変なんだけどね。ただ、ぼくは本当の処女膜再生手術で一度、形成外科学会をクビになってるんだよ。

──どういうことですか?

高須:代々木忠監督の『ザ・サバイバル』っていう作品があって、ぼくが愛染恭子に本当に処女膜再生手術をしているんだけど、そのシーンがドキュメントとして収録されているんだよ。もちろん局部にはモザイクが入ってるんだけど、その裏ビデオが出回っちゃってね。「高須が裏ビデオに出ているぞ!」ってことになって、学会を除名されちゃった。でも、そのあと学会で議題になって「高須くん、本当に裏ビデオに出ているのか?」って訊かれたんだけど、誰もその裏ビデオを観ていないってことで、証拠なしでお咎めなしになったんだよね。まあ、おそらくみんな観ていたんだけど、「ぼくが裏ビデオを見ました!」とは名乗り出ることができなかったんだろうね(笑い)。

──まあでも、高須院長としては、ただ単に手術をしていただけなんですよね。

高須:当時はそう思っていたけど、今見返してみると、あれは問題アリだったと思うよ。だって、すごくはしゃいで手術してるもん(笑い)。今あれをやったら、即除名だよ。

 * * *

 なぜか後半、処女膜再生手術の話になってしまったが、まさかのゴーストライター体験を告白した高須院長。とはいえ、あくまでも先生の代わりに論文を書いただけ。実験データの改ざんなどはしていないことは言うまでもない。

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。近著は『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
扇風機おばさん執刀の高須院長 「放置すればミイラ化してた」
陥没乳を騒ぎ立てる医者に「見世物じゃない」と30才女性激怒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP