ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長、タニマチのジレンマを告白「懸賞金出すと負ける」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が、様々な出来事に自由な意見をぶつけるシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回のテーマは大相撲。砂かぶりで観戦する姿がテレビの相撲中継に映り込むことも多い高須院長は、今の相撲界をどう見ている?

 * * *

──さて、五月場所も白鵬の優勝で終わり、なかなか盛り上がりました。今場所から鶴竜関が横綱になって、3人外国人横綱となりました。これは史上初のことだそうですね。

高須:相撲はやっぱりハングリーなスポーツだから、日本で一旗揚げたいって思う外国人がのし上がっていくのは当然のことなんだよ。日本の子供たちなんて、もう全然相撲なんかやってないでしょ。「俺には相撲しかないんだ。相撲で金持ちになるんだ!」って考える日本の子供なんて、全然いないもん。なかなか強い日本人力士が出てこないのも仕方ないよ。

──そういう意味ではモンゴル人力士はハングリー精神が強い、ということですね。

高須:そう。それと相撲って、一瞬のガチンコのぶつかり合いで決まることが多いから、とにかく体への負担が大きいんだよね。だから、なかには体をかばって相撲をとる力士もいる。でも、モンゴル人力士は体が壊れることなんて気にしないで、思いきりぶつかっていくんだよ。だから強い。

──日本も裕福になっちゃって、なかなかいい力士が出てこなくなった、ということですかね。

高須:昔は親方が日本中にスカウトに行ってたけど、今はなかなか難しいらしいしね。「この子は力士に向いているよ」って推薦してくるのは、ただのデブしかいないんだって(笑い)。親方が求めているのは、足腰が強くて運動神経がいい子供なのに、相撲部屋が“デブの捨て所”にされちゃう(笑い)。相撲以外のスポーツもたくさんあるし、仕方ないのかもしれないけどね。

──そんななか、日本人力士のなかで期待が寄せられているのが遠藤関ですが、院長はどう見ていますか?

高須:大学出の力士で横綱まで行ったのは輪島だけでしょ。そう考えると遠藤はあまり出世しないのかもね。やっぱりハングリー精神が足りないっていうか。頭がいい力士はダメなんじゃないの? 輪島はそんなに頭がいいイメージじゃなかったもんね(笑い)。

──高須院長は勢関のタニマチをやられていますよね。

高須:勢もいいよ。ゴルフもうまくて歌もうまい。遊び人力士だけどね(笑い)。五月場所は調子が良かったし、遠藤にだって負けてないよ。勢にはもっと頑張ってほしいんだけど、懸賞金は出したくないんだよねえ。

──なんでですか? 懸賞金があったほうがより頑張りそうな気もするんですが。

高須:勢も頑張るけど、相手も頑張っちゃう。だから、懸賞金を出すと逆に負ける確率が高くなっちゃうんだよ(笑い)。敵に兵糧を与えるくらいなら、懸賞を出さないほうがマシってなるんだよね。タニマチのジレンマだね。

 * * *

 五月場所は、高須院長の応援の甲斐もあって、11勝4敗の好成績で敢闘賞を獲得した勢関。遠藤関だけでなく、勢関にも注目です!

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。近著は『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須克弥院長 「明日ママ」のCM自粛は制作者にとっても屈辱
力士は「米びつ」 1人あたり年間約180万円を部屋に支給

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP