体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

倉木麻衣、約5年振りとなる台湾公演大成功

倉木麻衣、約5年振りとなる台湾公演大成功

「ダーゲーホー!ダージャーイーチーハイパー!(皆さん、こんにちは!一緒に盛り上がりましょう!)」

オープニングで叫びながら登場した倉木。その流暢な中国語の挨拶を会場は割れんばかりの大歓声が迎えた。8月24日。約5年振りとなる倉木麻衣台湾公演は本人のたっての希望で実現したという。

前回の訪台は10周年YEARの最中だった。その間、ファンクラブ会員は変わらず倉木を支え、その熱い来台への期待は高まるばかりだった。ニューシングル「無敵なハート/STAND BY YOU」発売直前のこの時期。「今まで支えてくれた皆さんへの感謝の気持ちを込めた一年にしたい」そう心に決めた15周年YEARで、倉木はあえてこの台湾へもう一度来ることを決意した。

8月10日にLIVEハウスツアーを終えたばかりの倉木はその会場での一体感を台湾のファンとも共有したいという希望から、今回LIVEハウス・Legacy Taipeiをその会場に設定。台湾での一般発売では発売直後わずか2分でソールドアウトとなったこの状況を地元メディアも大きく取り上げ、台湾での根強い人気を見せつけた。

まさにすし詰め状態となった超満員の会場で、本編は日本でのライブハウスツアーを再現。写真でしか見ることのできなかったそのパフォーマンスを会場で直に体感した地元ファンは衣装チェンジごとに大歓声を上げてその再現を楽しんだ。

何度となく煽られる中国語でのMC。その度に会場は大きく揺れ、会場一体となってのレスポンスが繰り返された。「倉木さんの曲を聴いて日本語を勉強しました」そうファンレターでもらったことが多々あったと彼女が語るように、地元ファン中心のライブにも関わらず「PUZZLE」の決め台詞「そうパズルね」や「Wake me up」のサビ、そして「Love, Day After Tomorrow」の「L.O.V.E」では本人の声を上回るほどの大合唱の嵐となった。これほどまでに曲が浸透している事実。そして、台湾でのライブを待ち望んでいたであろうファンの気持ちが胸を打つ。

「Feel fine!」の本編終了後、割れんばかりのアンコールを促す「Mai.K」コール。その後登場したラフなTシャツにジーンズ姿の倉木が披露したのは「Secret of my heart」。アニメ「名探偵コナン」が浸透していることもあり、この曲は台湾ファンが特に期待していた一曲。事前の「台湾LIVEで披露してほしい曲」のリクエストアンケートでも堂々1位となった曲だった。前奏から大きなどよめきとそこから大歓声が会場に響き渡る。そして曲の出だし

「どんな 言葉に変えて
 君に 伝えられるだろう」

から会場一体となっての大合唱。倉木のヴォーカルをかき消すほどのその歌声は倉木を5年間待ち続けたファンの気持ちが一つになった瞬間だった。大きな感動が会場に広がる中、倉木からのとっておきのサプライズプレゼントが発表される。この日台湾だけのお土産として倉木が用意したのは台湾で大人気の若手アーティストA-FUとのコラボレーションだ。歌手になる前から倉木の曲に親しんでいたというA-FUはボランティアなどの社会活動も積極的に展開している今話題のシンガーソングライターで、倉木がカンボジア支援活動からインスパイアされて制作した「STAND BY YOU」に共感、この日のコラボレーション実現となった。

“そっと側にいて支える”というテーマで歌われた「STAND BY YOU」をこの日だけの中国語Ver.で披露。A-FUとのコラボレーションは歌詞の意味も含めてじっくりと会場のファンの心に伝わったに違いない。もう一曲のコラボレーション「Tonight, I feel close to you」の後は「無敵なハート」、倉木麻衣初作曲の楽曲「ふわふわ」、そしてライブ定番曲「always」、そして「これが本当に最後の曲です」と中国語、日本語で伝えた後の「Diamond Wave」と一気に畳み掛ける。

大きな歓声の中ラインナップを終え何度も大きく手を振り会場を後にした倉木。客席の電気が明るくなり、お客さんを送り出すBGMが鳴る。すべて終了したはずの会場で「Mai.K」コールが響き渡る。叫び声にも似たその大コールは収まるどころかどんどん大きくなり会場は大きく揺れた。「もう一度、もう一度だけ会いたい」そのファンの気持ちが高まる中、控え室に引き上げた倉木が駆け足で戻ってきた。まさかのダブルアンコールはこの日一番の大歓声で迎えられた。

「シエ シエ〜!」

大きく叫んだ倉木は、「chance for you」を歌いだす。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。