ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こだわりの日本茶を飲むだけでなく食して楽しむレストランが御茶ノ水にオープン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月22日放送の「Nスタ」(TBS系、毎週月~金曜午後3時50分)では「日本茶の新しい楽しみ方を紹介」と題して、リポーターの太田聖子さんが「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」(東京都千代田区)を訪れた。

 8月1日にオープンした同店では、お茶の選定やメニュー作りを行うお茶のスペシャリストのことを独自に「茶バリエ」と呼び、茶バリエ自ら全国各地のお茶農園に足を運んで厳選した日本茶を提供している。そのこだわりのお茶のひとつ「深蒸し煎茶狭山火入れ(温/冷)」(740円 税込み)をいただいた太田さんは、「凄く上品で優しい味わいがあります」と評した。

 さらに、お茶を使った料理としてポテトサラダに抹茶を混ぜ込んだ「抹茶ぽてとサラダ」(560円 税込み)やお茶を混ぜたみそを使った「山形和牛サーロインとタマネギの釜焼き」(980円 税込み)を紹介。九州の石川芋を煮たものに、茶葉をそのまま上にのせた「石川小芋碾茶まぶし~自家製燻製塩添え~」(580円 税込み)を試食した太田さんは「お茶なんだけど石川芋と交ざって、お茶の風味を楽しみつつ、そして食感も楽しみつつ、でも邪魔しないっていうすごく上品な味わいです」と感嘆した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:御茶ノ水のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:御茶ノ水×居酒屋のお店一覧
こだわりの日本茶を飲むだけでなく食して楽しむレストランが御茶ノ水にオープン!
ミニトマトを使った「麻布野菜菓子」の新感覚かき氷に、田中健も絶賛!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP