ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米SoundExchange、アーティスト分配額8%アップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

米デジタル音楽ロイヤリティ徴収団体SoundExchange、Q2の収入分配は8%アップして1億6100万ドル

アメリカのデジタル音楽ロイヤリティ徴収団体SoundExchangeは、2014年4〜6月にアーティスト達へ分配したロイヤリティ料が前年同期比8%アップし1億6100万ドルに達したことを発表しました。

SoundExchangeが収益を分配したアーティスト、レーベルの数は、34%アップし22,343組に増加しました。また第2四半期ではデジタル・ラジオサービスからのロイヤリティ収入が、一般的なデジタル音楽サービスのロイヤリティ収入とほぼ同額までに拡大しました。

SoundExchangeが2014年上半期に支払ったロイヤリティ料の合計は前年同期比22%増加し、3億2360万ドル (約336億円)に達しました。

2014年にアーティストやレーベルに支払われるロイヤリティ料の総額は、今の勢いであれば2013年の分配額を大きく超えると予測されます。

SoundExchangeは、SpotifyなどストリーミングサービスやPandoraやSiriusXMなどネットラジオサービスなどデジタル音楽サービスから楽曲の使用料を徴収しその収益をアーティストやレーベルに分配している非営利団体です。

SoundExchangeのロイヤリティ分配は、近年ビジネスの収益化が多様化する音楽業界において、どの領域のデジタル音楽が人気があり、売上を上げているのか、勢いがあるのか、失速しているのかが分かるバロメーターとして機能しています。

過去5年間でSoundExchangeがアーティストに分配したロイヤリティ料は、2009年の1億5600万ドルから2013年には5億9000万ドルへ4倍近く成長しています。それほどまでにデジタル音楽サービスからの収入源は近年アーティストにとっても大きな存在となっています。

■記事元http://jaykogami.com/2014/08/8913.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP