ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「東京在住の博多出身者がこよなく愛するホンモノの純豚骨ラーメン」を食べにいこう!しばらく 日本橋店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

博多といえば、豚骨ラーメン。東京にも一蘭や一風堂など有名人気店をはじめ、数えきれないほどの豚骨ラーメン専門店が存在する。

しかし、筆者(私)のまわりの博多出身者達に聞くと、第一声はやっぱり地元博多のラーメンが一番だ!と皆同じ発言をする。しかし、どうしても教えて欲しい、とお願いすると、ここなら東京のお店でも博多の味と言える気がする、と異口同音にあがったお店がある。

そのお店の名前は「しばらく 日本橋店」。

このお店は、関東在住の福岡出身の方々に、懐かしい博多ラーメンを食べてもらいたい……そんな思いが募って本店の店主を口説き落として12年前にお店をオープンさせた、とのこと。

このお店のラーメンは、丼にチャーシューが敷き詰められたチャーシューメンが人気。小さなラーメン丼になみなみと注がれた乳白色のクリーミーな豚骨スープに、薄切りされたチャーシューがそっと優しく丼をおおっている。

薄切りされたソフトなチャーシューと濃厚かつキレのよい豚骨スープのバランスに注目しつつ食べてほしい。

ラーメン1杯では物足りない人には、〆に高菜ご飯を注文すると良い。

数枚のチャーシューを高菜ご飯にのせ、スープもしくはスープが濃縮された卓上の「替え玉の調味料」をかけて、お好みで紅ショウガをのせる。いわゆる自分で作るチャーシュー高菜丼だが、博多の美味しいモノを凝縮した逸品といえる。ご飯には高菜ご飯と明太子ご飯があるので、その日の気分に合わせて好きな方をどうぞ。

お店 しばらく 日本橋店

住所 中央区日本橋蛎殻町2-14-4

営業時間 月〜土 11:00〜1:00 日祝日11:00〜20:00 無休

詳細: GoTrip http://gotrip.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP