ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラルフ・ローレンがアスリート向けのスマートシャツ「Polo Tech shirt」を開発、テニスの全米オープンで披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のファッションブランド ラルフ・ローレンがアスリートの心拍数や呼吸数などを測定できるセンサー付きスマートシャツ「Polo Tech shirt」を現地時間 25 日より行われているテニスのメジャー大会 全米オープンで披露しました。ラルフ・ローレンのスマートシャツは、導電性を持つ繊維を用いて着ている人の心拍数、呼吸数、ストレスレベルなどを測定し、スマートフォンにワイヤレスでデータを転送。アプリ上で測定データを数値やグラフで確認できるというものです。開発はカナダのスタートアップ OMSignal と共同で行われました。シャツ自体は OMsignal の開発した「バイオセンシングシャツ」をベースにしています。こういったスポーツウェアを目にするのは今回が初めてではありませんが、ラルフ・ローレンのスマートシャツは外部との通信に専用のモジュールはなく、通信機能を含めて衣類に内蔵されているそうです。通信モジュールは重さやデザイン性に影響を与えるため、特にスポーツウェアでは有利ですね。(更新:着脱可能なBluetoothモジュールが別途必要です)全米オープンでは、試合会場のボールボーイにこのスマートシャツを着用させ、デモを行っているそうです。

Source : ニューヨーク・タイムズ


(juggly.cn)記事関連リンク
Lenovo Yoga Tabletを見て考えるタブレットにおけるメーカー・キャリアロゴの配置
TabletKat : Android 4.4.x(KitKat)を搭載したタブレットで古いタブレットUIを再現できるAndroidアプリ
Moto G後継(Moto G2?)の実物写真が多数流出、バックカバーは交換可能、Moto Gよりもスリム?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP