ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ただのボールペンをスタイラスに早変わりさせるペンカバー「StretchWrite」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タッチパネルなどの操作に活躍するスタイラスペン。タブレット端末の愛用者に利用している人が多いだろう。

スタイラスのメリットは、直接指で画面をタッチするより、より正確で素早く操作できること。スクリーンが小さいものであればあるほど、スタイラスの方が細やかに操作できる。

スタイラスペンはさまざまなメーカーから発売されているが、このほど登場したのは、ボールペンなどに取り付けるカバー「StretchWrite」。ペンに被せることで、スタイラスに早変わりさせるというものだ。

StretchWriteはシリコン製の細長いカバーで、片方の先端には穴があいていてそこからボールペンや鉛筆の芯を出す。そしてその反対側のカバーで覆われた先端をタッチパネルの操作に使う。

つまり、通常はボールペン・鉛筆として使いながら、端末を操作するときはペンを上下逆に持ち替えてスタイラスとして使うことができるというわけだ。中に入れるペンは好きなものにいつでも取り替えられる。

シリコンでできているので伸び縮みし、ほとんどのペンの長さに対応する。また、使いやすいよう持つ部分には突起があり、色は赤、グレー、ピンク、青の4色。

気になる値段だが、2つセットで10ドルとかなり購入しやすい設定になっている。なので、バッグ、職場、自宅の机などにと複数持っておくと便利そうだ。専用のスタイラスを買おうか迷っている人は、StretchWriteも選択肢に入れてもいいかもしれない。

StretchWrite

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP