ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏休み帰省後のいまが最適! 彼に結婚を意識させるデート

DATE:
  • ガジェット通信を≫


婚活の業界では、じつは夏の終わりから秋にかけてはカップル誕生のシーズン。
理由は、お盆に実家に帰省してみると「学生時代の友人が結婚をしてて幸せそうだった!」「兄弟姉妹が結婚し、子供が産まれていてめちゃめちゃかわいかった!」「親からそろそろいい人いないの?」と問いただされた…などなど。
つまり、結婚に対する具体的でいいイメージを最も感じるシーズンだから、と言われています。
男性に、より結婚を意識させるためには「清楚」というキーワードが重要。まずは自分を結婚にふさわしい状態に近づけましょう。

まずは見た目から

髪はダークブラウンまたは黒。夏だけのイケイケ茶髪は卒業しましょう。肌はつやつやのナチュラルメイクが基本です。汗や雨にぬれてもきれいでいられる工夫をしましょう。
香りは夏こそ無臭に限ります。または清潔感のある柔軟剤の香り、10cm以内に近づくと香るシャンプーの匂いに男性は弱いのです。
服装はノースリーブのワンピースやフレアスカート。足や胸を強調するより、鎖骨や細い肩、腕、脇からチラ見するボディのほうが特別感があります。

百貨店や商業施設

「ちょっとつきあってほしいんだけど…」と彼を誘いましょう。お世話になっている方や自分の親などへの贈り物を捜しにデパートや商業施設へ。
あなたの心配りができる女性らしさは、彼に「この人と結婚したら心配ないかも」と感じさせます。男性は意外にも保守的で常識的。日頃あまり行かない場所だけに、かえって新鮮かもしれませんよ。

外資系ショッピングセンター

少し郊外になりますが、『IKEA』などで家具や家庭用品を見て回るのもいいでしょう。カーテンやベッド、リネン類などお互いの趣味を重ねながら楽しむこと。
男性は作り上げることも大好きなので、具体的な家庭のイメージを持つのによいでしょう。

冷やかしでもいい、マンション見学

お金がないから結婚できない、と言っている人はお金がたまるまで結婚できない、と思い込んでいます。もしも彼がそんな雰囲気なら、いっそのこと冷やかしでマンションのモデルルーム見学デートもありかも。
涼しくて素敵なお部屋にテンションが上がり、ローンシミュレーションしてみたらダブルインカムなら十分実現可能! なんて話になるかも。実現可能なことが、結婚という未来を彼に想像させるのです。
そろそろ結婚かも…と意識させるための装い、そして周りから固める夏デート!
結婚は男性がその気になれば一気に決まることが多いため、彼がより具体的に結婚をイメージできように、素敵なあなた(理想的な未来)を見せるべきなのです。
夏を制する者は恋愛を制する! 一気に燃え上がり、冬にはスピード婚もありえるかもしれませんよ。
loving couple image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
気になる彼ともっと近づきたい! ガツガツして見えないアプローチ
彼にうまく甘えられない? 甘えベタを克服するためのタイプ別対処法
たった3往復で彼の「気になる女子」になるメール術

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP