ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安西先生をタプタプした感触は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アニメ化20周年として、伝説的なバスケット青春漫画『SLAM DUNK』のBlu-ray コレクションがリリースされたが、これを記念して制作された「安西先生タプタプカウンター」が話題だ。

【画像や図表を見る】

安西先生といえば、「あきらめたら、そこで試合終了ですよ……?」などの名言でも知られる湘北高校バスケ部の顧問。主人公の桜木花道は、小太りな安西先生を「オヤジ」と慕い、何かにつけて先生の顎下を“タプタプ”するシーンが多数描かれていた。

「安西先生タプタプカウンター」はそれを実体験(?)できるという機械で、シリコンで作られた安西先生の顎下を“タプタプ”するごとに、カウンターに「タプタプ数」が表示されるほか、「あきらめたら、そこで試合終了だよ」「君たちは強い」など4パターンの台詞がランダムで再生される。

機械は1体しかないため、8月22日から横浜を皮切りに、全国のアニメ専門店・アニメイトを巡回している。ツイッターには、早速“タプタプ”してきた人から、

「安西先生タプタプしてきた!すごく柔らかかった(*´ω`*) 」
「並んでまでタプタプする価値アリ(笑)
超気持ちよかった( ’ω’)b」
「予想してたよりも硬い顎だったけど、いい感じの弾力!」
「なんか微妙なねっとりぷにぷに感wwww」

などの報告が続々。柔らかいと思うか、硬いと思うかは人それぞれのようで、様々な感想があがっている。また、多くの人にタプタプされまくるため、

「顎下は既に黒ずみ、若干ペトペト。゚(゚^∀^゚)゚。」
「感触よかったけどちょっとベタベタしてたww」

という声も…。

「安西先生タプタプカウンター」のホームページによると、8月24日時点で、タプタプ数は5万527。今後は名古屋、大阪、広島など全国9カ所を回る予定だという。
(R25編集部)

安西先生をタプタプした感触は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

スラムダンク 一番の名台詞は何?
夏休みに読破したい長編漫画1位は
半沢名台詞 スラムダンク元ネタ?
初音ミクとバーチャル握手が実現!
2次元の胸を揉む技術が開発される

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。