ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若者が田舎暮らしを希望するワケ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

田舎暮らしを希望する人の割合が増加

今、田舎暮らしを希望する人の割合が大幅に増えているそうです。内閣府による世論調査では、「農村部に定住してみたい」と答えた人は約32%で、2005年の調査結果と比べると11ポイントも増加しました。年齢別で最も高いのは20代で、約29%の人が「願望がある」と答えています。ただし、「すぐに移住したい」という人は、わずか3.4%でした。

最も低かったのは70代で、約23%。やはり、高齢になると利便性や医療機関の充実などから都市部を望むのか、約56%は「願望が無い」とまで答えています。

なぜ、若者たちは、田舎暮らしへの願望を抱くのでしょう?

ソーシャルメディアの普及によってコミュニケーションが複雑に

現在は、Facebook、Twitter、ブログ、LINEなどのソーシャルメディアの普及によって、リアルな生活の他に、特に若い世代を中心に「オンラインで、もう一つの生活をしている」といっても過言ではありません。

感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について研究された「メラビアンの法則」で考えると、コミュニケーションにおける「言語が持つ情報量」は10%弱にすぎません。活字がメインのオンラインの生活の中では、その10%を一生懸命に駆使しながら互いにコミュニケーションを図っています。しかも、その速度は、とてつもなくスピーディーです。

また、オンライン上のコミュニケーションは、情報流出、いじめ、誹謗中傷、性的事件のきっかけなど、様々な危険をはらんでいます。便利なオンラインの世界は、代償としてコミュニケーションを複雑にし、若者を疲弊させてしまっている、ともいえるでしょう。

「○活」という活動も、若者の心を疲れさせる要因に

そして、「就活」「恋活」「婚活」「ソー活」「朝活」などの「〇活」という活動も、若者たちの心を疲れさせている要因といえます。「隣の芝生は青く見える」ともいわれますが、人は「自分に満ちていない」と感じるものを他者に見出して劣等感を感じます。「誰かがやっているから」「誰かに遅れをとりたくないから」といった気持ちに迫られる感覚を抱く人も少なくありません。

便利だけど、どこか生きづらい現代。人の手や意思が加えられてない山や海などの自然を見て、若者たちはホッとするのでしょう。都会やオンライン世界の喧騒から離れ、できれば田舎で暮らしたいと願ってしまうのかもしれません。

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP