ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今さら聞けないIT用語基礎講座】バズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IT用語としてのバズとは、「話題になる」「口コミが広がる」といった意味を持つ言葉。本来は、ハチがブンブンと飛び回る様子を表す英単語で、音がけたたましく鳴っているイメージから転じて、ウェブサイトやアップロードされた動画、ブログ記事などが話題になると「バズが起こる」「バズった」といった使われ方をするようになった。

企業にとっては、バズを起こすことで自社の商品・サービスを周知することにつながる。こうした動きを「バズマーケティング」という。具体例を挙げると、ハリウッド映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』は、作品と同じ世界観の中での架空のニュース映像をYouTubeで公開し、また、そのニュースに登場する企業(こちらも架空)のウェブサイトを立ち上げたことで、公開前からネット上で注目を集めた。その結果、興行収入=約1億7千万ドル(170億円)を超えるヒット作となっている。

さらに、個人でもバズを起こすことで注目を集められる点は、ネットならではといえる。特に、最近は、キュレーションメディアが登場し、そこでは個人のブログなどが取り上げられることもある。バズが起こると、アフィリエイト収入が増えることはもちろん、多くの人々が自分の作ったものを見てくれる喜びは大きい。

ただし、バズを起こしたいがために、行き過ぎた行為をしてしまうケースも見受けられる。例えば、生放送が可能な動画サイトで、カフェに爆竹を投げ込む危険行為を行い、ユーザー2人が書類送検される事件が発生した。このユーザーは警察の調べに「有名になりたかった」と供述したという。

バズを起こしたいと思っても、まずは社会一般のルールや法律を守らなければならないことはいうまでもない。「これをやったら面白いかも……」と思っても、それが誰かに迷惑をかけることにならないか、よく考えてから行動しよう。

関連記事リンク(外部サイト)

ひげ剃りにもサブスクリプションモデル
アフィリエイト

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。