ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シリア拘束男性が「民間軍事会社」を設立した経緯を父明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シリアで、アル・カイーダ系の反政府武装組織「イスラム国」が“民間軍事会社”経営者である湯川遥菜氏(42)氏を拘束した。湯川氏とはどのような人物なのか。千葉県内の自宅アパートの大家が取材に応じた。

「仲介した不動産会社からインターネット関連の会社をやっている人と説明されました。不在の時でもエアコンがつけっぱなしのことが多かったので、室内でコンピューターが常時稼働しているのかなと思っていたのですが、ニュースで、『民間軍事会社』の人だと知り、驚いている次第です」

 各メディアが報じている通り、湯川氏はPMCという会社を経営していた(PMCはプライベート・ミリタリー・カンパニー=民間軍事会社の略称)。しかし、登記上の事業内容は輸入販売業などと記述され、本社所在地とされる住所にオフィスは存在しなかった。湯川氏が“民間軍事会社”を設立するまでの経緯を父・正一氏が明かす。

「息子は高校を卒業してから3年ほどして、友人と津田沼でミリタリーグッズの販売店を始めました。少しずつ規模が大きくなり、店が手狭になったので、幕張にもう少し大きめの店を構えた。一時は自衛隊の駐屯地に商品を卸していて、事業は順調でした」

 その後、正一氏が資本金の300万円を出して店舗の運営会社を設立し、千葉・幕張のビルに事務所を置いたという。

「会社を設立して数年後に、何か別の会社を私が知らない友人と共同で設立することになった。ところが、そちらの会社がうまく行かなくて、結局お店の運営会社を巻き込んで10年ほど前に倒産したんです。後始末には私も協力しました。ただ、その頃から息子とは疎遠になり、しばらくはほとんど会っていませんでした」

 正一氏は、会社の倒産までは湯川氏の下の名前は「正行」だったと明かした。音信不通になった期間に「遥菜」という名前に改名していたというのだ。

「去年の初め頃にふらりと姿を見せて、『人生に限界がきた』と口にしたんです。それを聞いた時に、このまま放ってはおけないと思い、アパートを借りてやるから再出発したらどうかといいました。それから民間軍事会社を始めると決めたようで、精力的に動き始めた矢先にこんなことになってしまった」

※週刊ポスト2014年9月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本人拘束の「イスラム国」 日本語話す兵士存在と週刊誌報じる
一流民間軍事会社勤務兵士 4か月報酬260万円、年1600万円も
東野圭吾待望の「探偵ガリレオ」湯川学のシリーズ最新作登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。