ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロデューサー巻の元祖説あるさんま右腕P スタジオ所長に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビが、不振から脱しようと6月27日付で全社員1500人のうち1000人に及ぶ人事異動を行った。この人事で多くの名物プロデューサーが現場を離れたが、『あっぱれさんま大先生』や『明石家マンション物語』のプロデューサーで、「さんまの右腕」と讃えられた加茂裕治氏も総務局に異動した。新たな仕事は、お台場のフジ社屋のすぐ近くにある自社スタジオ「湾岸スタジオビル」の所長だ。

「セーターを肩にかける“プロデューサー巻き”の元祖という説もあるほどバブル期のテレビマンらしさを持っていた人。あの人が裏方に回る日が来るとは、時代も変わったなと思う」(ベテラン社員)

 また『クイズ!ヘキサゴンII』のチーフプロデューサーとして活躍した神原孝氏は、コンテンツ事業局コンテンツ開発センターライツ事業部長から、番組制作子会社のフジクリエイティブコーポレーションに出向となった。

「出向となると、本人にとっては気苦労が絶えないと思います。思えば『ヘキサゴンII』に関わった人は、その後の浮き沈みが激しい。(島田)紳助さんがテレビから姿を消してしまった一方で、一番の“億万長者”になったのが、ヤンキース・田中将大と結婚した里田まいですから。当時からは想像もできません」(芸能プロ関係者)

※週刊ポスト2014年9月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『お願い!ランキング』の人気シェフプロデュースおせち登場
山岸舞彩を「俺のこと好きかも…と勘違いする男性もいる」評
再流行の「プロデューサー巻き」 20代女性は「カッコイイ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP