ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイスじゃなくてライス!! 「ライス・バケツ・チャレンジ」が世界で注目集める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 インド人女性のManju Latha Kalanidhiさんが始めた「ライス・バケツ・チャレンジ」が世界的な注目を集めている。

 最近、日本でも話題になっている「アイス・バケツ・チャレンジ」は、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を支援する活動。指名された人が24時間以内にALSの支援団体に100ドル(約1万円)寄付するか、氷水を頭からかけるかを選択した後、次の候補者を3人指名するキャンペーンだ。

妊娠中の長谷川潤がライス・バケツ・チャレンジ

 そこで、Manjuさんは近隣の貧困層の人たちに、「ライス」を寄付する活動を立ち上げた。
 これは、バケツ1杯分のお米(調理したものも可)を地域で必要としている人に渡し、その様子を写真で撮影。ハッシュタグとして、#RiceBucketChallengeをつけてFacebookに投稿し、次の人を指名するというもの。
 お米を渡せない場合は、公立病院に100ルピー(約170円)相当の医薬品を寄付することになっている。

 インドは、急速に経済発展している一方で、貧困に苦しんでいる地域も多く、子供の栄養失調などが社会問題となっている。

 Manjuさんはインドの新聞「THE HINDU」や海外メディアからのインタビューにおいて、「これはとてもローカルなもので、近所の問題を実践的に解決できるものだと思っています。アイス・バケツ・チャレンジのように水を無駄にすることもありませんし」と語っている。

 そして、24日に立ちあがったFacebookページ「Rice Bucket Challenge」も盛況を見せており、すでに2万いいね! 以上を獲得(8月26日現在)。今後の動きに注目が集まっている。

※画像はFacebookから

■関連リンク

若者に流行…死のゲーム

11歳少女の発明に感動の声続々

花婿9歳・花嫁62歳の「年の差婚」

12歳で出産、最も若い母に

アイドル界から続々参入

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP