ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今だけ使える売名方法! ニコ生主や地下アイドルは試してみよう

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

昨今“アイス・バケツ・チャレンジ”なるものが海外のセレブの間で流行りそれがアジアにまでやってきており、日に日に指名された人の数が増えて来ている。
最初は1人だったのが、3人、9人……そして21世代目には地球の人口を超えてしまう計算になるこの“アイス・バケツ・チャレンジ”。

今では指名されてもスルーする人や次を指名しないで寄付だけする人が増えてきており歯止めも掛かってきているものの、死人が出たりまた自社のスマートフォンの宣伝に使ったりと本来の意図とはずれてしまっている。中には「筋萎縮性側索硬化症という病気を知る良い切っ掛けになった」と意見は様々だ。
そんな“アイス・バケツ・チャレンジ”で『YouTube』検索してみるとなんと4200件もの動画が存在する。有名人から中には「あんた誰に指名されたの?」という一般人、そして人以外も。

そんなわけで今だからこそ出来る売名方法を紹介したい。どうしても有名になりたい『ニコニコ生放送』配信者や地下アイドルは「アイス・バケツ・チャレンジ」というタイトルの動画を『YouTube』や『ニコニコ動画』にアップ。もちろん指名もされてなくてもOK。
動画の内容は氷水を被るでも良いし、“アイス・バケツ・チャレンジ”について語る内容の動画でも良いだろう。それほど“アイス・バケツ・チャレンジ”という単語がホットなのである。むしろ「指名もされてないのに“アイス・バケツ・チャレンジ”やったのかよ!」と叩かれたらしめたもので、少し炎上するくらいがいい。
同時に『Twitter』や『Facebook』などのSNS、ブログでもその動画を紹介してしまおう。

氷水被るからにはちゃんとALSに寄付はしておいた方が良いだろう。女性ならTシャツを透けさせると再生数が伸びるぞ!
ただ推奨できる売名方法ではないので大炎上しても責任はとりません。

チャリティーの一環で始まった“アイス・バケツ・チャレンジ”はネズミ講のように広がるか 14世代目には500万人に増える計算
http://getnews.jp/archives/649654

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP