ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本人を大好きな韓国人「イルポン=日本中毒」が増えている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、韓国で新しい言葉が生まれた。日本製品や文化、日本人が大好きな韓国人のことを「イルポン(日本中毒)」と呼び始めたのだ。

 日本のハングル読みであるイルボンと、ヒロポン(かつて存在した覚醒剤の商品名で韓国でも知られている言葉)を合わせた造語である。日本に憧れ、歴史問題などで韓国の主張より日本を信じるようなイルポン現象に火がつき始めている。

 在韓ジャーナリストの藤原修平氏と、新刊『嘘つき韓国の正体』(小学館ポスト・サピオムック)を上梓したSAPIO編集部の取材班が韓国の最新事情をレポートする。

 * * *

「私は日本が大好きなんですよ。日本人と日本料理を食べるとおいしくて楽しいですし、うちの電化製品はほとんど日本製です。私は親日派ですが、そんなことを公の場で言うとクビになるので、自分のことを知日派と呼んでいます」

 ソウルの青瓦台(大統領府)から歩いて約10分のところにある寿司店。「クビになる」と言いながら声を潜めることもなく、昼どきのため満員の店内で「日本が大好き」と大声で語るのは政府機関で働く50代の男性公務員だ。話を聞いているこちらが誰かに密告されやしないかと心配してしまう。

 反日的な政策で大統領の支持率が上がるような現在の韓国では、「親日」と見られると「反民族的だ」と攻撃される。ところがそうした中で、「日本が好き」「韓国は間違っている」と公言する人々が若い世代を中心に目立ち始めている。

 これまでも自分が親日であることをこっそり漏らす者は珍しくなかったが、周囲の非難を気にせず語り始めたのは新しい傾向だ。彼らを指して「イルポン」と呼ぶネットスラングまで生まれた。

 韓国では近年、日本食がブームだ。ソウルをはじめとする大都市では日本のビールのネオン看板が目立ち、裏通りには“赤提灯”が並ぶ。どの店も深夜までほぼ満席の繁盛ぶりだ。日本式の居酒屋は20代から40代の男女を中心に大ブレイク。アサヒやサッポロなど、日本のビールが次々に彼らの胃に流し込まれていく。

 イルポンの急増は数字にも表われる。日本政府観光局の統計によれば、日本を訪れる韓国人観光客は、2013年1~11月で約182万人。これは前年同期比で30%以上増加している。同時期に中国人観光客が20%減ったのとは対照的だ。

 20年前から日本を何度も訪れている44歳の独身女性は、東京に住む韓国出身の知人を訪ねるうちに日本建築や美術に興味を抱き、日本語を習い始めた。その後は年に2回ほど日本各地の美術館などを訪ねるようになった。安藤忠雄の建築が特に好きだという。

 旅先で見つけるバーも彼女を日本に惹き付ける理由になっている。

「韓国でお酒を飲むといえば、何人もが集まっていつも騒々しく、まるで競い合うように安い焼酎の瓶を空にします。日本では上品な空間で店員と会話しながらスタイリッシュにお酒を楽しめる。初めてのお店にふらりと入っても、まるでそこが自分の家のように感じられる店が各地にあります。私にとって日本は安らぎの場所なんです」

 この冬、恋人と北海道を旅行したある韓国人女子大生はレンタカーを借りて札幌から小樽、函館まで一週間かけて巡ったという。彼女が日本を訪れるのは2度目。2~3日あれば移動できるはずの行程を一週間もかけた理由は何か。

「北海道はどの季節に行っても美しいと大学の日本人の先生から聞いていたので、冬景色や味覚を味わおうとあえてゆっくり周ることにしました。

 一番の目当ては『食』です。イクラ丼、ジンギスカンを食べるためにコースを決めました。日本に行ったらご当地の名物をとにかく食べたいんです。一緒に行った彼氏は日本語がまったくできないし、日本のこともぜんぜん知らないから、いろいろ教えてあげるのも楽しかったです」

 彼女たちは母国でも日本好きを隠そうとはしない。

※SAPIO2014年4月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画【1/2】「鏡のない国のパク」
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画【1/2】「根拠のないデマ」
一部の韓国人 イギリス人もキリストも韓国が起源と主張する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP