ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人キレイモード発動。今年マストなマキシワンピ3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏になると、欲しくなるのがマキシワンピ。いろんなデザインのものがあるので、どれにしようか迷ってしまう…というあなたは、今年はこの3タイプをおさえておけば、大丈夫
大人っぽい色香のなかにも、少女らしさを忘れない。そんな今年注目のマキシワンピをご紹介します。

シンプルブラック


3WAYワンピース(アメリカンラグシー)、【CONTROL FREAK】パームツリークラッチ(チュージーチュー)
意外に見落としがちなのが、黒のマキシワンピース。がしかし、一度着てみるととその使いやすさは抜群! 今日は何を着ようかな〜と迷ったときに活躍してくれる救世主なのです。
その魅力は、一枚で一瞬にして大人の色気を醸し出してくれるところ。合わせる小物やヘアアレンジ次第で、リゾート仕様にもディナーデート仕様にもアレンジ自在なのもうれしいポイントです。
旅先にもっていっても応用度が高いので、一枚あると本当に便利ですよ。

ミルキーカラー&フリル切り替えシルエット

【white】ストライプ切替マキシワンピース(ダズリン)、星刺繍カゴバッグL(アンドエー)
大人系とキュート系を両立させるマキシワンピ選びは、色とシルエットに注目してみて。ミルキーカラー&ウエストのフリル切り替えシルエットのものをチェックしてみましょう。
女の子のやさしい雰囲気を引き出してくれるカラーとシルエットは、マキシワンピだからこそきゃぴきゃぴしすぎす、大人の余裕もキープ。
小物は控えめにして、ワンピースを強調するスタイリングがベターです。

思いっきりトロピカルな柄

モンステラベアマキシワンピース(デュラス アンビエント)、MEMAR ツバヒロリボンハット(ラ トータリテ)、アイCACATOO ラフィアクラッチ(ボリーコート)、ビーズ&タッセル付きトングフラットサンダル(ヌキテパ)
やっぱり、夏の気分をアゲてくれるのはトロピカル柄。花柄もかわいいけれど、大人に着るなら、パームツリーやモンステラモチーフのもの。こなれた魅力を演出してくれます。
淡めのカラーを選べば、さらにお姉さん系の魅力を発揮。合わせる小物は、ワンピースを引き立てつつ、トロピカルテイストを失わないブラウンベースのものを選んで。
リゾーティなムードで、夏を満喫できること間違いなしです。
この3タイプがクローゼットにあれば、今年の夏を素敵に彩ってくれそうですね♪
協力/ファッションコーディネートアプリ『iQON』


(グリッティ)記事関連リンク
まだ間に合う! フラミンゴ柄で最後の夏ファッションを楽しむ
優秀アイテムで、夏→初秋へ簡単シフト!
季節変わりは、香りもスイッチして魅力をアップ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。