ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木雅之、カヴァーアルバム第2弾に川畑 要(CHEMISTRY)が参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鈴木雅之、カヴァーアルバム第2弾に川畑 要(CHEMISTRY)が参加

鈴木雅之が9月10日にリリースするカヴァーアルバム「DISCOVER JAPANⅡ」に、川畑 要(CHEMISTRY)がゲストヴォーカリストとして参加することが決定した。

鈴木雅之は以前から川畑 要を「自分が歌い続けてきたソウル・ミュージックを、新しい世代として引っ張ってくれる存在」と感じており、夏のイベントでの共演や、2014年6月にリリースされた川畑 要のニューシングルにもゲスト参加するなど、ヴォーカリスト同士として親交があった。

そこで、今回のカヴァーアルバムの制作に伴い、今度は鈴木雅之から川畑 要に、ゲストヴォーカリストとしてアルバムへの参加をオファーしたという。

今回2人で歌った楽曲は、日本のポップシーンにおいて2000年代を代表する名曲「You Go Your Way」。鈴木雅之と川畑 要による最新のハーモニーと、服部隆之氏の洗練されたアレンジにより、オリジナル・ヴァージョンとはまた違った、「大人のバラード」に仕上がっているようだ。

鈴木雅之コメント
「SOUL POWER」のステージで(川畑)要から「何か一緒にやらせてください」って言われて、それが「Half moon feat. 鈴木雅之」として形になったことが本当に嬉しかったし、松尾潔プロデュースという縁もあって、2000年代のナンバーとして一曲歌うならばこれだと決めたナンバーです。(川畑)要は、丁寧に歌うタイプのヴォーカリストで、そこに共通点があるんだけど、年齢差は23歳もあります(笑)。でも、そんな親子ほど年の違う二人でもひとつの曲で出会えることを伝えたかったし、今回は、KC(松尾潔)が書いた歌詞のテーマを再発見できた、そんな想いもあって、最新で最高のコラボレーションになったと思ってます。

川畑 要(CHEMISTRY)コメント
「You Go Your Way」という曲には、個人的にすごく思い入れと想い出があります。CHEMISTRYにとって3枚目のシングルだったのですが、最初の2枚のシングルはアップテンポな曲で、バラード好きの自分にとってはやっとバラードのシングルを出せるということで、すごく嬉しかったことを覚えています。しかも、歌いだしは僕から始まるということで、気合いを入れてレコーディングに臨んだのですが、初日にレコーディングした歌の仕上がりがどうしても納得できなかったので、翌日に全部レコーディングし直すくらい、すごくこだわって、当時の精一杯の自分をこの曲に出しきろうと思って作った、とても大切な楽曲です。
そんな大切な「You Go Your Way」をマーチンさんが歌ってくれ、しかも一緒に歌うことになるなんて想像もしていませんでした。今回のカヴァーは、オリジナルとはまた違う”マーチンさん色”になっていて、そのヴァージョンに声を重ねられたということは、貴重な体験でしたし、とても嬉しかったです。今回のマーチンさんヴァージョンの「You Go Your Way」は、CHEMISTRYのオリジナル・ヴァージョンと比べて、より大人のバラードに仕上がっていて、この曲が持っている”深さ”や”良さ”を改めて感じることができた気がします。

関連リンク

鈴木雅之オフィシャルサイト:http://www.martin.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。