ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『仮面ライダー』主演選考の法則がなかなか面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎週日曜朝に放送されている『仮面ライダー』シリーズ。現在放送中の『仮面ライダー鎧武』は近づく最終回へ向け、物語は佳境に突入しております。

 さて、仮面ライダーの新作といえば例年9月か10月頃スタートします。報道に対するお披露目はさかのぼること7月から8月がほとんどですが、今年はまだ次の作品は未発表となっております。

 というわけで、ファンなら気になるのが次期ライダーの情報。商標出願情報などから次期タイトルは『仮面ライダードライブ』になるのでは?と目されておりますが、同時に気になるのが主演俳優。

【関連:東映、『仮面ライダードライブ』を商標出願 次期ライダーか?】

 実はこの主演選考には、ここ数年法則があるとして以前少し話題となっておりました。

 仮面ライダー主演はこの数年「ジュノン・スーパーボーイ」出場者の中から多く輩出されています。その順位で、次期主演が大体予想できるらしいのです。

■ジュノン・スーパーボーイ出身の主演ライダー

2009年 仮面ライダーW 菅田将暉(2008年 最終選考会出場)

2010年 仮面ライダーオーズ 渡部秀(2008年 準グランプリ)

2012年 仮面ライダーウィザード 白石隼也(2007年 準グランプリ)

2013年 仮面ライダー鎧武 佐野岳(2011年 グランプリ)

 『仮面ライダー鎧武』で主演する佐野さんの前は、準グランプリもしくは、最終選考会出場の枠から輩出されているようです。

ただ例外もあり、2011年『仮面ライダーフォーゼ』は同コンテスト出身外の福士蒼汰さんが主演されています。

■順(順位はWikipedia参考)

グランプリ

準グランプリ←輩出枠

フォトジェニック

審査員特別賞

最終選考会出場←輩出枠

 しかし、2007年からの同コンテスト受賞者を並べてみると、特撮ファンにとってはなかなか興味深い傾向が見えてきます。

■受賞年別

▼2007年

準グランプリ:白石隼也(2012年 仮面ライダーウィザード 主演)

最終選考会出場:高橋龍輝(2011年 仮面ライダーフォーゼ 助演)

▼2008年

準グランプリ:渡部秀(2010年 仮面ライダーオーズ 主演)

最終選考会出場:菅田将暉(2009年 仮面ライダーW 主演)

▼2009年

準グランプリ:鈴木勝大(2012年 特命戦隊ゴーバスターズ 主演)

最終選考会出場:根岸拓哉(2013年 ウルトラマンギンガ 主演)

▼2010年

最終選考会出場:戸塚純貴(2012年 仮面ライダーウィザード 助演)

▼2011年

グランプリ:佐野岳(2013年 仮面ライダー鎧武 主演)

審査員特別賞:塩野瑛久(2013年 獣電戦隊キョウリュウジャー 助演)

▼2012年

未輩出

▼2013年

未輩出

 『仮面ライダー』『スーパー戦隊』『ウルトラマン』いずれかの特撮ドラマに、主演を毎年輩出しているようです。

主演を二人出す年もあるようですが、準グランプリの主演率はかなり高くなっています。

 しかし2011年受賞者では、グランプリ受賞の佐野さんが『仮面ライダー鎧武』の主演に、審査員特別賞から『獣電戦隊キョウリュウジャー』助演に塩野さんを輩出し、法則が変わっています。

 2011年より前の受賞者の場合には、準グランプリ、最終選考会出場から輩出されていましたが、この年だけ受賞順位を1つずつ繰り上げて輩出しているのです。

■順(順位はWikipedia参考)

グランプリ←新法則枠?

準グランプリ

フォトジェニック

審査員特別賞←新法則枠?

最終選考会出場

 そのため、現在の鎧武から制作が何らかの冒険をしているのではないか?と言われており、鎧武の成績が悪い場合には、次期ライダーはルールを戻して、2010年準グランプリを、良い場合には2012年もしくは2013年のグランプリから出るのでは?という予想があるようです。

 噂される候補者は次のとおり。

2010年 準グランプリ 黒羽麻璃央

2012年 グランプリ 犬飼貴丈

2013年 グランプリ 國島直希

 この中の誰が次期ライダーかは、実際発表されてみないと分かりませんが、少なくとも何人かはどれかの作品でヒーローを演じそうですよね。

特撮ファンの方はもちろん、特撮ファンでない方もぜひ彼らに注目してみてください。

参考:

めっちゃトレンド!!

Wikipedia

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP