ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CM業界の2014年MVPは吉高「ギャラハネ上がる」と広告関係者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌は今回、広告代理店などで使用される女優たちのギャラリストを入手した。ランキングは、企業がCMキャラクターに起用する場合の年間契約料の目安を示すものだ。今回は、テレビ・新聞・出版・WEB・ラジオすべてにおいての起用を含めた金額のため、これまで本誌が記事にしてきた「CMギャラ」相場と比べると高額となっている。

 

 注目されるのは、やはり最旬女優のこの人。

 

「今年のMVPは早くも吉高由里子(26)で決まりでしょう。これまでも『トリスハイボール』のCMで“ウィー!”と奇声をあげる天然キャラで若い世代から人気があったが、朝ドラで一気に全国区になった。実は演技派女優ということも知れ渡ったし、好感度も高い。オファー急増中で、ギャラも今後ハネ上がるはず」

 

 というのは、広告代理店関係者。吉高は、NHKの朝ドラ『花子とアン』のヒロインという大チャンスを見事にモノにした格好だ。年間契約料は5000万~6000万円とある。

※週刊ポスト2014年9月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
CMギャラ安い武井咲と剛力彩芽は「CM界のコスパ女優」評
新垣結衣、小泉今日子らヒットドラマ出演女優 CM起用が増加
日テレ報道番組出演中の山岸舞彩アナをCMに起用しづらい理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP