ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春風亭昇吉が食べ比べて納得 韓国料理店の自家製調味ベース「タテギ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月21日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)、「なないろグルメ調査隊」のコーナーで、落語家の春風亭昇吉さんが「韓国料理スランジェ 新大久保」(東京都新宿区)を訪れた。

 同店は新大久保駅からすぐの場所にある。料理の辛さの基本となる「タテギ」は、サラダ油やゴマ油を使用した調味料だ。タマネギ、ニンニク、長ネギ、ピーマンといった野菜のゆで汁に、韓国産の2種類の唐辛子を加えながら混ぜ、1日以上置いて完成。辛さがうまみを引き出すのだという。

 昇吉さんは、店で通常出しているタテギを入れた「スンドゥブチゲ」と、特別に用意されたタテギを入れていない「スンドゥブチゲ」を食べ比べた。タテギの入った「スンドゥブチゲ」を食べると、「あ! うまい! 全然こっちの方がうまいです。タテギが入っていることによって、中に入っている魚介や豆腐など一品一品のキャラクターが立ってくるんですよね」と語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク

ニュースのお店を見る:韓国料理スランジェ 新大久保(ぐるなび)のお店紹介

周辺のお店を見る:大久保のお店紹介

同じジャンルのお店を見る:アジア・エスニック料理のお店紹介

ぐるなび検索:大久保×アジア・エスニック料理のお店一覧

春風亭昇吉が食べ比べて納得 韓国料理店の自家製調味ベース「タテギ」

店内がまるでRPGの世界! 進化するメイド喫茶で本格的な料理を堪能

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP