ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【女子向け恋愛コラム斬り】「カレの本気度チェック」にマジレスしてみる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

編集長A/今回ご紹介する恋愛コラムは、カレシ持ちで結婚願望アリの女子が気になっちゃうカンジですよ! 「モデルプレス」さんより、【カレの「本気度」を確かめる方法5つ】(http://mdpr.jp/column/detail/1395927)です!!

ナンパ師B/じゃあ今回は1項目ずつツッコミ……もとい検証をしてきましょう~。

『1.男友達に「将来のビジョン」を聞き出してもらう

「カレの男友達の協力があれば、カレのことが丸分かり」(21歳/大学生)と、こちらの女性。どんな協力をしてもらうのでしょうか?「彼女と結婚するの?や、将来はどんな家庭にしたい?といった、ストレートな質問を、カレにしてもらい、メールで報告をしてもらう」とのこと。口が固そうな人を選び、カレにバレないように慎重になりましょう。』

編集長A/これはなんか……すごい、がんばってますね、この21歳の大学生はww。

ナンパ師B/ヘンシューチョー、もっとズバッと思ってること言ってくださいよwwww。

編集長A/うん、まぁなんていうか、コレは必死すぎるというか、小賢しいですね(ニコッ)。

ナンパ師B/ついでに言うと、その男友達が完全な味方として本当に”こちら側”に取り込めているかっていうのもポイントですよww。男友達同士なんてのは、えてして下心を通じて結託してますから、そのカレシにとって不利益になるような情報は流さないと思うしww。カノジョさんから頼まれたって、テキトーにカレシ側に都合のいいように喋る可能性大ですよwwwwww。

『2.本屋で「ウエディング雑誌」を立ち読みする

「カレと本屋に入って、ウエディング雑誌を立ち読みすると、カレの本気度が分かる」(26歳/事務)と、こちらの女性。いったい、どういうことなのでしょうか?「照れくさそうにしたり、半笑いだったりしたら、本気な証拠。けど、『俺、向こうで雑誌読むから』のように、素っ気ない態度を取ったら、あまり本気ではない」とのこと。カレと本屋に入ったら、試してみてはいかがでしょうか?』

編集長A/うん、まぁなんていうか、コレは鬱陶しいですね(ニコッ)。

ナンパ師B/wwww。でも【カレの「本気度」を確かめる方法5つ】としてはバッチリなんじゃないですか。確かにカノジョが本屋でウエディング雑誌読んでたら、全く結婚する気ない男だったらキョドると思うんでwww。これはアリでしょ、アリ。

編集長A/Bさんのお墨付きなんて、すごいテクっすね~。

ナンパ師B/いや、でも推奨はしないっすわ。だってヘンシューチョーの言う通り、鬱陶しいこと山の如しですからwww。事前に結婚話が出ているんなら別にいいですけど、結婚の「け」の字も出していないのに、急にカノジョがウエディング雑誌を手に取ってたら、怖っ!! って思う男、多いと思いますよwwww。ちょっとしたホラーですわwww。

編集長A/カレシにドン引きされるリスクを負ってでもトライするかどうかってことですよねwwww。

『3.メールの返信を「スルー」してみる

「メールの返信をスルーしてみるのがいい。24時間以内に『どうしたの?』とメールを送ってきたり、電話をしてきたりしたら、本気度高め。24時間が経過しても、何もなかったら、愛は深くないと思ったほうがいい」(32歳/営業)と、こちらの女性。心配の言葉が1つもないと、辛いですよね。』

編集長A/うん、まぁなんていうか、コレは「だからナニ?」レベルですね(ニコッ)。

ナンパ師B/激しく同意ですw。これで男の本気度なんかわかりゃしないぞってのが、マジレスですなーww。

編集長A/24時間以内になんらかのアクション起こしてくれる男が、イコール”結婚を真剣に考えてる男”ってことではないし、24時間なにもアクションしなくてもイコール”愛が深くない男”と決めつけるのもナンセンスだし。マジレスですがww。てかマジレスするしかないような、しょうもねー方法ってことですね~www。

『4.「仕事の相談」を持ちかける

「カレに仕事の相談を持ちかけて、真剣に答えてくれたら、思いやりを感じる。でも、適当に流したり、一般論だけで解決しようとしたら、思いやりに欠ける」(23歳/アルバイト)と、こちらの女性。思いやりがあるか、ないかで、本気度が分かってしまうのです。』

編集長A/うん、まぁなんていうか、コレは「そうじゃないなら別れれば?」レベルですね(ニコッ)。

ナンパ師B/というと?

編集長A/なんていうか、結婚考えてようが考えてなかろうが、カノジョの真剣な相談に真剣に答えないような男とは、そもそも付き合い続ける価値ないんじゃない?(キリリッ)

ナンパ師B/なんか今日のヘンシューチョー、真面目ww! マジレス多めww!!

編集長A/サーセンwwww。でもこれもさっきの『3.メールの返信を「スルー」してみる』とある意味一緒で、こんなことじゃ結婚相手としてのジャッジはできんのですよ! 偉い人にはわからんのですよ!!

ナンパ師B/確かにね~。仕事の相談にちゃんと乗るかどうかで、結婚相手としてちゃんと考えてくれてるかどうかを確かめるとか、イミフですなww。

『5.「手作りのお菓子」を渡してみる

「手作りのお菓子を渡して、『いいお嫁さんになるね』や『家庭的だね』という褒め言葉をしてくれたら、本気度高め。将来のことを考えてくれている」(28歳/飲食)と、こちらの女性。「家庭」を思わせるワードが出れば、「自分と共に生きていきたい」という気持ちが伝わってきますよね。』

編集長A/うん、まぁなんていうか、コレは……うん、まぁ、あふぉとしか言いようがないですね(ニコッ)。

ナンパ師B/手作りお菓子もらったからって、そのリアクションで何がわかるのかとww。

編集長A/テキトーに考えてたんですかね、このライターさんは。だって総括すると、5項目あるうちの1項目だけですよ、まともに使えそうなのは。『2.本屋で「ウエディング雑誌」を立ち読みする』が唯一でしょ?

ナンパ師B/しかも、諸刃の剣だしwww。

編集長A/なんか今回のこのコラム、ヒドイんだけど、ヒドさ具合が微妙で、何かよくも悪くもテンションあがらなかったです、はいwwwwwwww。

ナンパ師B/ヘンシューチョーの毒舌の切れ味もいまいちだったと思われます、はい!

編集長A/いや~、今回のはクレイジー度合が足りなかったんですよww。逆に言うと、今までのコラムがどんだけクレイジーだったかがわかりましたwwww。

ナンパ師B/つまりアレですね。それまではジブリ絵の映画なら何でも面白く感じるのかな~って思ってたけど、宮崎吾朗先生の衝撃のデビュー作「ゲド戦記」を観た後だと、やっぱり宮崎駿は神やったんや!! って気付かされるみたいなものですか?息子を噛ませ犬にして、さりげなく自分の才能を改めて誇示するみたいな? そういうことですか?今回のコラムが「ゲド戦記」だったってことですか?

編集長A/その例え、意味がよくワカラナイwwwwwwww。では次回も乞うご期待っ♪

■『女子向け恋愛コラムを元メンズファッション誌編集長と500人斬りナンパ師が斬る!』とは・・・

最近よくネットメディアで見かける「メンジョイ!」、「オトメスゴレン」、「ハウコレ」、「モデルプレス」、「みんなのウェディング」、「マイナビウーマン」、「Googirl」、「美レンジャー」、「MYLOHAS」、「ローリエ」、「ウーマンエキサイト」などの女子向け恋愛指南コラム。

【男性が「好きな女性だけにする言動」・5選】、【男子が「この女性に最後の愛を捧げる」と決める瞬間5つ】、【誘われやすい女子になる方法】、【遊び相手にされる女子のNG発言】、【女友達を異性として意識したとき】なんてタイトルの記事がネットのニュースサイトを中心に氾濫しているわけだが、この中身がなかなかどうして的外れすぎるのだ!!

「いや、それ男が”彼女にしたい女”にじゃなくて”セフレにしたい女”にする態度だから!」といった内容や、「この記事を盲信したらモテる女どころか超絶にイタい女になっちゃうよ!!」といった内容が、いけしゃあしゃあと”恋愛指南”の名のもとに語られているという惨状なのである。

そんな悲惨な恋愛コラムの現状を憂い、義憤に満ち満ちたこの二人、元ファッション誌編集長で恋愛事情を熟知したA氏(33歳・男性)、そして500人斬りを達成したナンパ師B氏(31歳・男性)が、ドイヒーな恋愛コラムを斬りまくる!!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP