ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋の風物詩“お月見”を楽しむ宿泊プラン予約受注開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暦の上では立秋を迎え、朝夕は涼しさを感じるようになった。秋の楽しみと言えば、忘れてはいけないのが日本の伝統行事、“お月見”だ。

セルリアンタワー東急ホテルが秋の宿泊プランとして「月夜見~つくよみ2014」を8月25日から販売開始する。今年度は「日本の伝統色」をテーマに改装をした客室(28~30階)限定で利用できるリニューアル記念プランとなり、期間は9月7日~11月9日まで、価格は1室(2名利用時)43000円~53000円で販売する。

「月夜見~つくよみ」はお月見にちなみ、秋の月を愛でながら寛ぎの時間を過ごせる宿泊プランだ。東京の美しい眺望と漆黒の夜空を客室から一望できるこのプランでは、中秋の名月に代表される秋の空を、広々とした視野でのぞむことができるるうえに、プランの特典として、ルームサービスにてプティオードブルとシャンパンが届けられる。

今回リニューアルされたスカイビューフロア(28~30階)では“東京の粋”をあらわす利休カラー(やや緑がかったグレー色)の2フロア46室と、さくらカラー1フロア23室が用意されている。

秋の夜長には美酒を傾けながら、凛とした秋空と月光浴を楽しんでみては。

予約については、インターネットまたは電話から可能。詳細はこちら(http://www.ceruleantower-hotel.com/room/plan/)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP