ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不倫のきっかけ1位は「職場」 20代女性「社内不倫を持ちかける男性既婚者が多い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京独女スタイルが「『不倫の始まり』きっかけランキング」を発表している。栄えある第1位は「上司と二人きりで2次会に行ったら」に輝いた。2位以下の「友達の紹介で」「同窓会の夜」「ナンパされた」を上回っている。

編集部による「調査」のようだが、回答者数など詳細については書かれていない。信頼性はともかく、東京で働く独身女性が考える不倫が生まれる場面のナンバーワンは「職場」ということのようだ。
外資系企業「自分は何も悪いことしていないと公言」
大企業で横行?

記事によれば、男女が家族よりも長い時間を同じ集団で過ごすのですから「なにかが起きない方が不思議です」とのこと。会社の歓迎会で上司に2次会に連れていかれた後に、「暗い店内でキスされました」「私もまんざらでなかったので(…)いまでは仲良く不倫しています」というエピソードまで紹介されている。

果たして職場は、そんなに不倫が生まれやすい場所なのか。キャリコネの口コミを検索してみると、「不倫」に関する書き込みは341件にのぼり、有名企業の名前も少なくない。

ある大手メーカー系グループの音楽系事業会社で働く20代後半の女性は、

「社内不倫を持ちかける男性既婚者が多いです」

と明かす。不倫のトラブルか、結婚していても在籍中に離婚するケースが少なくないとか。給料がよくクリエイティブな仕事をしている人は女好きが多い、と言われると、何となくうなずけるものがある。

30代女性が勤める外資系生保は「不倫も全然おおらかな感じ」で、不倫をしている人が「自分は何も悪いことしていない」と公言して開き直っているという。この女性は年収1000万円。外資は「自由な恋愛環境」が整っているらしい。

外資系IT企業の30代前半女性は、契約社員として勤務しているが、普通の社内恋愛より不倫の噂が多く、「私も実際既婚者の方に本気で告白されたことが何度かありました」という。「何度か」とは、何人もという意味だとしたら凄い。
コールセンター「イケメンに女が集中することもしばしば」

中部地方の大手メーカーで働く20代後半の女性によると、社内不倫は基本的に、

「管理職が他部署の部下に声をかけている場合が多い」

そうだ。自分の部下であれば、仕事や評価でひいきなどの問題が起こりやすいが、他部署であれば比較的バレにくいのかも。

金融機関やコールセンターからも、不倫の内部告発は多い。「才色兼備の若い女性」が「金銭的に余裕のある中年男性上司」の下で働く職場では、男性がつい手を出してしまうようだ。

逆に女性が男性を取り合いすることもあるようで、コールセンターで働く20代後半の女性によると「イケメンに女が集中することもしばしば」。嫉妬や不倫で「ギスギスした雰囲気」になることもあるが、「基本的にはお互いに成長していく上で認め合っています」という。なるほど、恋愛も不倫も「成長のステップ」とは新鮮な見方だ。

全国展開している企業の場合、赴任してきた給与の高い男性社員と、地元採用の女性が不倫をし、略奪婚をしてしまうパターンもある。

成人女性は何事も自分の責任で行動すべきだが、周囲の環境に流されてしまうことも。ある投資信託管理会社では、30代前半の女性が「社内不倫が多かった」と振り返り、健全に社内恋愛から結婚をねらっている人には「この会社はお勧めしません」とまで言い切っている。

◆キャリコネの口コミで「不倫」を検索してみる

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP