ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

形よりも色が大切! カラー眉でイマドキ顔に大変身

DATE:
  • ガジェット通信を≫


太眉ブームはまだまだ続行中ですが、美容業界で最近注目されているのが眉のベースに色を仕込むこと。
それも、ブラックやブラウンといった当たり前のカラーではなく、赤や黄色、緑といった色を仕込むことで、眉の形は変えずに、イマドキ顔に変身できちゃうんです!

カラー眉の作りかた

メイクの順番としては、アイブロウパウダーで眉を描く要領で、眉にカラーを薄くのせます。
その後、アイブロウペンシル(ブラウンやブラックなど普通の色でOK)で足りない部分を描き足し、最後にもう一度描いた眉の上にカラーを軽くのせたらできあがり。
カラー眉専用のアイテムもありますが、アイシャドウやチークでも代用は可能。その場合は、ラメやパールの入っていないマットなものを選んでください。

ふんわり外国人風顔には黄色系

黄色でも明るめではなく、オレンジよりの濃い色がオススメ。
濃いめの黄色をベースにすることで肌と眉毛の馴染みがよくなり、イマ風のフワっとした眉がテクニックいらずで描けちゃいますよ。

色っぽい顔になりたいときは赤系

ボルドーや赤紫など、深みのある赤をベースに仕込むと、一気に色っぽい顔に変えることが可能。赤系の色は肌を白く見せる効果もあるので、白肌強調も可能。
眉に赤を持ってくるだけでこんなにも大人の色気が出せちゃうの? と驚くほどの効果アリ。

秋流行の美人顔を狙うなら緑系

この秋は黒太眉が流行ると言われていますが、黒眉はどうしても野暮ったくなりがち。そんなときは、ダークグリーンやカーキ系をベースにすると、キリリ感は残しつつ黒ほど重くないちょうどいいバランスが保てるんです。
緑にはくすみを消す効果もあるので、透明感もアップ。洗練された美人顔に近づけます。
カラーを乗せるだけなので、眉を描くのが苦手な人でも取り入れやすいですよ。カラー眉で、流行先取りしちゃいましょう!
Make tool image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
彼にプチドッキリを! キャンディを隠せちゃうヘアスタイル
仕事中にドンドン小顔になれる方法、教えます!
メイクに「季節感」を入れるだけで、一気に旬顔に!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP