ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gioneeが厚さ5mmの新たな世界最薄スマートフォン「ELIFE S」のティザーを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本ではあまり知られていない現役の世界最薄スマートフォンを出している中国メーカー Gionee。その Gionee が自社の最薄記録を更新する新型スマートフォンのティザーを中国で開始しました。公開されたティザー画像に発表日などは記されていませんが、歴代の最薄スマートフォンを列挙し、最後に「ELIFE S」という機種名を表示して新たな最薄スマートフォンの発表を予告しています。Gionee は厚さ 5.0mm の「GiONEE GN9005」を開発していることが既に判明しており、それの発表を予告したものと推測されます。この機種は、Android 4.3 (Jelly Bean)、4.8 インチ1,280×720 ピクセルの有機 EL ディスプレイ、1.2GHz クアッドコアプロセッサを搭載しており、筐体サイズは 139.8mm × 67.4mm × 5.0mm、質量は 94.6gと軽いことでも有名です。現在の最薄スマートフォンは厚さ 5.55mm の Gionee ELIFE S5.5 です。なので、0.55mm の薄型化を実現したことになります。Source : China Mobile Mag


(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenMod 11 Nightlyにアプリ履歴ボタンの長押し操作で前のアプリに切り替わる機能が搭載されていた
Sony Mobile、2015年はミッドレンジモデルでも防水対応を標準化?
CyanogenModの音楽プレイヤー「Apollo」のAndroid “L”テーマガ公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP