ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フォークランド紛争時のサッチャーのような覚悟は安倍にない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 これまで幾人もの世界のリーダーたちへインタビュー取材をしてきた作家の落合信彦氏は、優れた指導者は、強さと人間臭さを併せ持つと言う。故レーガン米大統領と故サッチャー英首相の人となりを思い出しながら、オバマ大統領と安倍晋三首相の指導者としての在り方について、落合氏が論じる。

 * * *

 オバマが「戦後最悪の大統領」に選ばれたアメリカのキニピアック大学世論調査研究所が7月に発表した全米世論調査において「戦後最高の大統領」と認められたレーガンは、親のコンプレックスを克服した政治家だった。

 彼の父親は靴の行商セールスマンでめったに家には帰らず、たまに帰れば酒を飲み暴れ回ってレーガンの母親を殴った。レーガンの母親は私のオイルマン時代の大先輩、ジョン・シャヒーンの家でメイドをしており、レーガンとは幼なじみだったため、その頃の話を詳しく聞いている。

 そんなレーガンをシャヒーンはこう評した。

「家庭生活は決してよくはなかったが、環境に負けるような男ではなかった。どんないやなことがあっても明るさで吹っ飛ばしてしまう。そして何をするにもリーダーシップを発揮していた。ケンカをしている者がいたら諫め、弱い者がいじめられるとその子をかばう。私など何度も助けられたものだ」

 1986年、当時反米姿勢をむき出しにしていた独裁者カダフィ率いるリビアに対し、アメリカは空爆を行なった。カダフィが背後で動いていたとされるテロ事件が頻発するなか、西ベルリンのアメリカ兵の集まるディスコ、ラ・ベルにおいて爆弾テロが発生し、アメリカ兵1人が死亡、その後もう1人が病院で死亡した。

 レーガンが激怒したのは言うまでもない。フランスやスペインがカダフィの報復を恐れ、アメリカの攻撃に際し自国の領空を使わせないなか、同盟国としての国益を考え、ただイギリスのサッチャーだけが、この決断を支持し、アメリカにイギリスの空軍基地を提供した。

 サッチャーの協力なくては空爆そのものが難しかったはずだが、両者の連携によってリビアの首都トリポリとベンガジの空爆に成功。カダフィは縮み上がったという。以来、カダフィはテロから手を引いた。

 この一件を見ると、いまの指導者たちとの落差に愕然とする。

 2012年、リビアのアメリカ領事館がイスラム過激派の襲撃に遭い、駐リビア大使ら4人が殺害された。ところがこのとき、オバマは国務長官だったヒラリー・クリントンにすべてを任せ、自身はなんらメッセージを発しようともしなかった。ヒラリーは「すべて私の責任だ」と述べたが、本来はオバマがレーガンのように、国家としての強い意志を表明すべき場面だった。

 一方、1986年のイギリスをいまの日本になぞらえれば、安倍の覚悟のなさも一目瞭然である。

 サッチャーはこのとき、国際的に孤立することを辞さず、同盟国アメリカに協力した。それはお互いを「マギー」「ロン」と呼び合うサッチャー・レーガンの信頼関係によるものだけではなく、サッチャーがこの行動はイギリスの国益にかなうという信念を持って決断したことだ。

 安倍晋三が考える、ただアメリカに追随してさえいればいいという集団的自衛権の発想とは、根底からしてまるで違う。

 当時のアメリカとイギリスには、お互いを同盟国として信頼しながら、それぞれが独自に国益と信念のために行動するという強さがあった。

 サッチャーは1982年のフォークランド紛争で、南大西洋に浮かぶ英国領フォークランドを守るために、アルゼンチンの侵略に対して即座にイギリス軍を派遣した。

 このとき、友人であるレーガンは武力衝突に反対したが、サッチャーはレーガンに「(米国領の)アラスカが同じ目にあったら、同じことが言えますか」と毅然と言い放ち、反論を封じた。結果は、イギリスが2か月あまりの激闘の末、勝利を収めた。

 フォークランド紛争の際、サッチャーのもとには朝になると必ずアシスタントがやってきて、前日にイギリス人兵士が何人戦死したかを伝えた。

「聞くたびに鳥肌が立ちました。人生のなかで最もつらい、まさに地獄の日々でした」

 私がインタビューした際、サッチャーは当時をこう振り返った。優れた指導者とは常に、このような強さと人間臭さを併せ持つものだ。断言するが、安倍晋三に、このときのサッチャーのような覚悟は絶対にない。

 最近、カネのせこい使い道を追及されて泣きじゃくる地方議員の姿が話題になった。あれが世界に発信されると思うと情けなくなるが、日本人は彼を嗤っている場合ではない。

 尖閣が攻められたときに、アメリカに泣いてすがろうとする安倍の姿は、あれに似たようなものになるかもしれない。あの泣きわめく男の姿は、いまの政治家の未熟ぶりを象徴しているのだ。

※SAPIO2014年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
サッチャー元首相 米が反対しようがアルゼンチン戦を強行
「不倫」表す隠語 オランダでは「こっそり猫を盗む旅に出た」
続々登場 英国帰化五輪選手に「えせイギリス人」と非難も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP