ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

丸亀製麺は牛丼界に進出するつもりかもしれない! 肉盛り讃岐うどんが大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

g4

丸亀製麺は「肉盛り」の販売を開始した。それは牛丼の具のようなもので、うどんに盛り付けて食べるもの。勿論、そのまま食べてもいいが、殆どの人がうどんとセットで注文している。

「肉盛り」は、甘めのタレで煮込まれた牛肉と玉ねぎで、かけうどんに盛り付けて食べるとなかなか美味しい。ややタレの甘さが強く、薄くスライスされた牛肉の食感がうどんのモチモチ感と合わさり、喉ごしが楽しい。

うどんに盛り付けると、見た目は完全に牛丼そのもの。そのクオリティも牛丼屋に負けてはいない。そういう点を踏まえ、丸亀製麺は牛丼界に進出するつもりなんじゃないかと思ったが、あながち間違いではなさそうだ。

丸亀製麺は、ご飯に「肉盛り」をのせる食べ方を推奨しているのだ。牛丼という言葉はいっさい使われていないが、どう考えてもそれは牛丼である。

【丸亀製麺が牛丼界に進出すると予測する根拠】

・「肉盛り」はまさに牛丼の具

・牛丼屋に負けないくらい本格的な味

・ご飯にのせて食べる事を推奨している

・あえて「牛丼」という言葉を使っていない

しかし、「肉盛り」の単品価格は400円。ご飯は130円。合計530円になるので、牛丼屋の牛丼と比べるとかなりの高額。松屋のプレミアム牛めしだって380円なのに、丸亀製麺で牛丼を作ると530円!

だが「肉盛り」のクオリティが高いので、食べても損したとは思わないはずだ。

記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com/

g1g5g4g3g2

記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。