ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

auスマートフォンの『次世代パーソナライズド情報提供システム』を見てきました

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
KDDIの『IS01』を利用した『次世代パーソナライズド情報提供システム』

昨日記事にした、auのタッチパネル式Androidスマートフォン向けにKDDIとKDDI研究所が開発している『次世代パーソナライズド情報提供システム』。6月23日から26日まで東京・池袋のサンシャインシティで開催されている展示会『ケーブルテレビショー2010』にこちらのデモが展示されているというので、取材に行ってきました。

KDDIのブース

ユーザーの状況や嗜(し)好に合わせた番組やコンテンツ、生活情報を提供するというこのシステム。会場ではやはり6月末に発売予定のタッチパネル式Androidスマートフォン『IS01』と、ケーブルテレビ用セットトップボックス(STB)、『IS01』の画面を写すモニタとSTBを接続したテレビによるデモが展示されています。システムは、Androidアプリとサーバーから構成。STBは市販のパナソニック製のもので、特に『次世代パーソナライズド情報提供システム』向けにカスタマイズは必要ありません。『IS01』はWiFiでSTBの変換モジュールと通信し、変換モジュールが赤外線でテレビと通信します。

オススメ番組を一覧表示

デモではユーザーの1日の生活パターンに沿って機能を紹介します。まず朝。アプリの画面にはユーザーの視聴履歴、操作履歴から今日1日のオススメ番組が一覧表示されています。

番組情報を確認 テレビが録画予約を開始

見たい番組をタッチパネルで選び、番組情報を確認。録画したいと思ったらアプリから録画のリクエストを送信すると、テレビ側で番組が録画予約されます。

自宅付近と会社付近の天気をチェック

次に、出勤前に天気予報をチェックします。ユーザーの行動はGPSで定期的にチェックされており、自宅の場所と平日に通う会社の場所、週末によく行く場所などが登録済み。アプリで平日の朝に天気予報を見ると、自宅周辺の天気と会社周辺の天気が同時に表示されるので、その日に傘が必要かどうか、気温がどうなるかを確認して出かけます。

オススメの飲食店を表示

日中は会社で仕事をして、夕方になりました。会社の帰りに同僚と食事して帰ろうと思ったら、アプリの飲食店情報をチェックします。アプリは操作履歴やユーザーの年齢層、「和食が好き」といった好みから、会社付近のオススメのお店を一覧で表示。

飲食店情報を確認

お店の紹介や評価、地図といった情報を確認して、クーポンがある場合はクーポンを利用できます。

帰宅時の乗り換え案内をチェック

ちょっと1杯引っかけて、夜も遅くなりました。アプリの乗り換え案内で終電の時間を調べます。ユーザーの行動履歴から出発駅と自宅の最寄り駅を把握しているので、アプリはその区間の電車の時間を表示してくれます。

帰宅したら、今朝録画した番組を視聴。『IS01』をリモコン代わりに操作して、録画した番組を再生します。録画した番組は、『IS01』に転送して持ち出すこともできるとのこと。翌日の通勤電車で番組を見ることもできます。

このように、ユーザーの1日の生活パターンに合わせて、時間や場所、嗜(し)好に応じた情報を提供してくれるのが『次世代パーソナライズド情報提供システム』。すべて同じアプリの統一されたユーザーインタフェースで提供されるのが特徴です。

アプリは『IS01』向けに試作したものですが、他社のタッチパネル式Andoridスマートフォンでも利用可能。提供次期については「ビジネスモデル次第」(説明員)で、今のところ未定とのこと。実用化までは時間がかかるかもしれませんが、KDDI主導なら既存のテレビ番組情報、天気情報、飲食店情報、地図情報といったサービスと連携してこのサービスを実現できる可能性は高いといえるでしょう。キャリア独自のサービスによる他社スマートフォンとの差別化は成功するでしょうか。auユーザーは気になるところです。

■関連記事
東芝が10.1型ワイド液晶を搭載したAndroidノート『dynabook AZ』発売へ
ちゃんと電話だった!auの新スマートフォン『IS01』製品レビュー
じわっと気になる!?au『IS01』のアソコをチェック!
今度はドコモから!シャープのAndroid搭載スマートフォン『LYNX SH-10B』発売へ
auのスマートフォンにコンテンツマッチング技術『次世代パーソナライズド情報提供システム』採用へ

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。