ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高校球児の肩と肘 企業広告導入や観客席値上げで守れないか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏の甲子園が大詰めを迎えている。今年は開幕が台風のため2日順延され、大会序盤は涼しかったこともあって、選手の体調問題があまりクローズされていない。しかし投手の肩と肘に負担がかかることは変わらない。2人の投手のケースから、この問題を考えたい。(取材・文=フリーライター・神田憲行)

 * * *

「肘が良ければもっとやれたんじゃないかと思う。(今日投げた)あの程度のボールなら簡単に打たれる。自分のピッチングができなかったのが悔しいです」

 そう言い残して甲子園を去ったのは、盛岡大付の松本裕樹投手だ。松本投手は大会前に「最速150キロ右腕」「プロ注目」と騒がれたが、甲子園ではそのスピードを披露することはできなかった。初戦の東海大相模は変化球を丁寧に低めに集める「打たせて取る」投球で退けたものの、次戦の敦賀気比には3回途中までで10安打を浴び、自責点5でマウンドを降りなければならなかった。

 理由は岩手大会決勝の途中で感じた右肘の違和感だった。やがて痛みに変わり、トレーナーと相談して電気治療を施しながら、投球練習をしないほぼ「ノースロ」の状態で初戦のマウンドに上がった。岩手大会の決勝から中22日の登板だった。

「最初の試合は日程に余裕があったので、良い投球ができました。それで次の試合まで同じように(ケアを)していたんですが、間に合わなかった」(松本投手)

 敦賀気比戦は、

「朝起きたときから肘が痛く、試合でもボールをリリースするたびに痛かった。バッティングも肘の影響で引っ張る打球が打てませんでした。試合で投げないという選択肢もあったかもしれませんが、ここまで来て(マウンドを他の投手に)譲るという気持ちはなかったです」

 という。盛岡大付の関口清治監督は、

「本人が『どうしてもマウンドに立ちたい、前回と同じように投げられる』というので先発させました。それでも無理に止めることもできたのだが……彼の想いをかなえさせたかった、というのが正直なとこです」

 松本投手は今後も投手としてプレーをしていく意思だ。これまで高校・大学をあわせて150人以上の投手の身体のケアをしてきたアスレティックトレーナーの西村典子さんは、

「これからのことを考えると、早めに病院にて専門医の診察を受け、ドクターと連携できる専門家のサポートを受けることをお勧めします。キチンと肘の状態を把握し、適切な治療とコンディショニングを行うことで、投手として復活することは可能です。そういう選手は何人も見て来ました」

 と、松本投手にエールを贈る。

 西村さんによると、肘と肩の問題は投手の個人差が大きいそうだ。

「私がみる限りでは、肩や肘の痛みは投球フォームと筋力的な問題、バランス(軸がしっかりしているか、投げた姿勢でブレがないか等)などに左右されるように思います。肩の前が痛いと訴えるなら、私はその選手のフォームチェックから始めますね」

 さらに西村さんは、

「投球障害は1日投げ込んだから翌日肩や肘が急に痛くなるという類いのものではなく、毎日の積み重ねが肩や肘に負担をかけ、徐々に痛みを発するようになります。ですから日々のコンディショニングを怠らず、投げた後にしっかりケアすることが特に投手にとっては大切です。そのためには普段の練習などから日常的にアスレティックトレーナーのサポートが受けられるような環境が望ましいと考えます」

 実際、強豪校のなかには「マイ・トレーナー」を「常設」しているチームもある。ライアン投法の山城大智投手を擁する沖縄尚学では、甲子園に2人のトレーナーを帯同させていた。

「OBでトレーナーになった者にボランティアで協力してもらっています。山城だけじゃなく、野手や練習でバッティングピッチャーをやってくれるベンチ外の3年生のケアもしてもらっています」(大城英健部長)

 一方、ひとりのトレーナーも帯同させていないのが、新潟代表の日本文理だ。ふだんは学校の前にある整骨院で選手たちは身体のケアをしているが、甲子園では選手たちの自己管理に任されている。エースの飯塚悟史選手は、準々決勝まで、全試合全イニングを投げていた。21日に3回戦で9イニング129球投げた翌日の22日、準々決勝でも9イニング142球投げ抜いた。準々決勝までの4試合36イニングで合計548球を投げている。 飯塚選手は、

「人から聞いたり自分で学んだことをして実践しています。投げた日はアイシングしたあと、熱いお風呂に10分ぐらいつかり、しっかり睡眠を取るように心がけています。連投の覚悟はあります。そのために練習をしてきました」

 と自信を見せる。実際、連投となった準々決勝戦でも140キロ台のストレートが何球もあり、外見的には疲れを感じさせなかった。前出の西村さんは、

「投球後のコンディショニングとしては非常にいいと思います。アイシングは炎症が起こっている部位を中心にその炎症や痛みを抑制する効果が期待できますし、その後の入浴は体全体の血流をよくすることで疲労物質を早く取り除き、細胞再生を促します。私も基本的にはこのように指導しています」

 と、飯塚選手の自主管理を評価しつつも、

「連投が予想される大会で、そばに専門家がいないのはやはり心配です」

 という。日本文理の佐藤琢哉部長も

「本当はトレーナーが帯同していた方がいいと思います。しかし大会期間中ずっと拘束するとなると、その費用が捻出できない」

 と、苦しい胸の内を明かす。

 投手の肘と肩の問題が浮上する度に、「投球制限」「登板制限」が話題に上る。だがその前に、私は甲子園に出場が決まって大阪にチームが来たら、高野連が各校に「身体の専門家」を派遣すべきではないかと思う。そして勝ち進んでいる間は毎日、専門家が選手のケアをする。そうすれば投手だけでなく野手の体調管理もできるし、そこで蓄えた知識を今後の野球生活に活かすこともできるだろう。

 もちろんこれには大きな経費がかかる。高野連にそのような財政的余裕がないのなら、思い切って選手のヘルメットに企業広告を付けたらどうか。あるいは有料席を数百円値上げしてもいい。「値上げ分は選手の体調管理の費用として使われます」と明記すれば、ファンも理解と支持もしてくれると思う。どうだろうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
打撃投手の年俸500~800万円 チーム最大貢献なら1000万円も
広島の背番号21 「佐伯の祟り」としてドラ1投手が死屍累々
3Aで変化球や制球等に活路見出した投手の方が日本で活躍傾向

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP