ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

扇子使うオバさんは大量重ね着する 彼女たちが脱げない理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の夏も連日猛暑が続いているが、時々やたらと厚着のオバサンを見かけますよね。『ヒルナンデス』(日本テレビ系)などで活躍するファッションプロデューサーの植松晃士さんが、この猛暑の中で厚着を続けるオバさんの真相に迫ります。

 * * *

 皆さま、ご機嫌よう!

 そして鳥取県の皆さま、おめでとうございます! 来年6月、スターバックス鳥取1号店のオープンが決まったそうですね。これで47都道府県すべてにスタバが出揃うわけですが、一部では“スタバのない県”というブランドを失うことを惜しむ声もあるとか。乙女心…ではなく、県民心は複雑です。

 一方で日本列島は毎日うだるような暑さが続いています。あっちでもこっちでも、ふうふう言いながらお扇子を使うオバさんたちの姿は、もはや風物詩。

 でね、私は気づいてしまったんです。扇子を使うオバさんに限って“必要以上の重ね着をしている”ことに。

「その格好では暑いのも当然。扇子を使う前に、一枚、お脱ぎになったら?」と言って差し上げたいけど、彼女たちには「脱げない理由」がある。それは体形カバー。

 どれほど暑くても二の腕は出したくないし、脚も出したくない。だから重ね着になってしまうのはわかるけど、このとんでもなく見苦しいコーディネート、想像つくかしら。

 チュニックじゃないのよ。チュニックより長い膝上丈だもの。多分、ワンピースとして売られているものなんだと思う。でもそのまま着るにはちょっと短いので、「これにズボンを穿けば、お尻も隠せて一石二鳥」という発想なのでしょうね、多分。

 素敵なワンピースなら、少々短くても着てみたいわよね。でも、ズボンを重ね着するのはあり得ません。せめて、膝下丈のレギンスを合わせてほしいもの。

 しかもね、そういうオバさんて、決まって黒を着ているの。額から流れ落ちる汗とともに、いっそう暑苦しい空気を醸し出しているんです。

※女性セブン2014年9月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
扇子男 仏料理店で「センスいいな。オレの扇子といい勝負」
宝くじを扇子にのせて保管すれば金運UPすると霊能者指摘
人間関係の断捨離法「距離を取りつつ、いずれフェードアウト」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP