ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版Dolphin Browser v11 Betaがリリース、次期メジャーアップデート版を今すぐ試せる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モバイルブラウザ「Dolphin Browser」が Google Play ストアを通じて Dolphin Browser のベータテストプログラムを開始しました。Dolphin Browser の現行最新版は v10.2.10 で、ベータ版は v11 にバージョンアップされています。ベータ版を利用するにはベータテストプログラムに参加する必要がありますが、今すぐに次期メジャーアップデート版を試すことができます。v11の目玉は、アプリUIをリニューアルし、それに合わせて、操作性を改善する様々な新機能を追加した点です。全体的には、スマートフォン~タブレットでそれぞれの画面サイズに適したUIが表示される方式に変更されました。右サイドバーには、「コントロールパネル」が追加され、フルスクリーンモードやデスクトップモードに加え、ナイトモード、プライベートブラウジング、クラシックタブ、画像の表示/非表示の ON / OFF を操作できるようになりました。下部にはナビゲーション用のバーが追加され、進む・戻る・Dolphinキー、タブ一覧の表示が容易になりました。ナビゲーションバーの追加に合わせて、バーのスライドアップで Dolphin ソナーが表示、タブリストボタンをドラッグアップで現在のタブを閉じる、イルカちゃんアイコンのドラッグアップで設定メニューが表示されるなど、新しいジェスチャー機能も追加されています。Dolphin コネクト機能では、タブ一覧で他の機種で開いたタブと、端末で最近閉じたタブをリストで閲覧し、今の端末で表示できるようになりました。ブックマーク機能では、ソート機能やインポート / エクスポート機能が追加。このほか、40 色のテーマカラー(無料)、Dolphin Browser を端末の画面上にフローティング形式で表示する新アドオン「Oon Tap」が追加。設定メニューの再構成も行われています。v11 では、Android 4.1 以降で Dolphin Jetpack 機能が統合され、別途インストールする必要がなくなりました。Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、久しぶりに「MEDIAS W N-05E」のソフトウェアアップデートを実施、電源が入らない事象に対処
2014年上半期のウェアラブルバンド市場、前年同期比684%の大幅増を記録(Canalys調査)
Gioneeが厚さ5mmの新たな世界最薄スマートフォン「ELIFE S」のティザーを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。