体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フジファブリック、9月2日にニューアルバム発売記念番組を生配信決定!

9月3日に、デビュー10周年の集大成となる8枚目のオリジナルアルバム『LIFE』を発売するフジファブリック。その発売を記念してアルバム発売日の前夜となる9月2日(火)22時より、ネットラジオ『フジファブリックのゆるゆるいかせて』のスペシャルプログラムがニコニコ生放送とUSTREAMにて生配信されることが決定した。

フジファブリック (okmusic UP's)

タイトルは、『フジファブリックのゆるゆるいかせて ~ALBUMリリース直前『LIFE』まるごと生搾りSP~』。番組では、アルバム発売に先駆けて一足早く全曲試聴や、メンバーによる楽曲解説をお届け。また、これまでWEB解禁されていなかったシングル曲「LIFE」「ブルー」「WIRED」のミュージックビデオをフル公開し、「LIFE」「WIRED」のミュージックビデオは、メンバーによる副音声解説とともにオンエアされるとの事。

他にも、アルバムジャケットに登場するモグラの名前を視聴者と決める企画など、見て、参加して、一緒に楽しめる内容が盛りだくさんなので、是非お見逃しなく!

『フジファブリックのゆるゆるいかせて ~ALBUMリリース直前『LIFE』まるごと生搾りSP~』
9月2日(火) 22:00~23:30
※終了時間は多少前後する場合がございます。
※一部、ニコニコ生放送視聴者しか参加できない企画がございます

<番組視聴URL>
■ニコニコ生放送 (タイムシフト視聴期間:30日)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv190590262
■USTREAM
http://www.ustream.tv/channel/ff-life0902sp

アルバム『LIFE』
2014年9月3日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-2718~9/¥3,500+税
※スペシャルケース仕様
【通常盤】(CD)
AICL-2720/¥3,000+税
※いずれも初回プレス分には抽選券封入。
11月28日(金)日本武道館で行われる「フジファブリック10th anniversary LIVE at 武道館 2014」の会場外指定引換所にて、抽選券持参の方全員、フジファブリックオリジナル福引き「フジ引き」にご参加頂けます。フジ引きはハズレ無し。A賞[アルバム「LIFE」サイン入りポスター50名]か、B賞[武道館メモリアルステッカー]のいずれかをプレゼント致します。

<収録曲>
01.リバース
02.Gum
03.LIFE 
※フジテレビ”ノイタミナ”アニメ「銀の匙 Silver Spoon」第2期オープニング・テーマ
04.シャリー
05.ブルー(Album Version)
※テレビアニメ「アオハライド」エンディング・テーマ
06. F.T.79
07.祭りのまえ
08. efil
09. WIRED
10.フラッシュダンス(Album Version)
11.robologue
12.バタアシParty Night
13.sing
14.カタチ
15.卒業
<DVD> ※初回生産限定盤のみ
1.フラッシュダンス(MUSIC VIDEO)
2.バタアシParty Night (MUSIC VIDEO) 3.LIFE(MUSIC VIDEO)
4.ブルー(MUSIC VIDEO)
5.特典映像「モグライフ(Documentary)」

■タワーレコード購入者特典
アルバム『LIFE』 を全国のタワーレコードにてお買い上げの方に、先着でスペシャル応募ハガキをプレゼント! ハガキは先着となっておりますので無くなり次第終了です。お早めにご予約ください。

《特典》
フジファブリック×タワーレコード「LIFE」発売記念スペシャル企画 応募ハガキ
・10月31日(金)開催 大阪会場 ×250名
・11月09日(日)開催 東京会場 ×200名
全国のタワーレコードで配布します。(一部店舗除く)
※企画内容は『フジファブリックのゆるゆるいかせて「LIFE」発売記念 公開収録SP』 となっております。
※会場は以下どちらかをお選び頂きご応募頂けます。
※会場詳細は、後日案内させて頂きます。
※その他イベントに関する詳細は、応募はがきをご確認ください

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。