ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国の相当エラい人 普段はチヤホヤされるが失脚で「クルッ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国最高指導部の元メンバーで、重大な規律違反により立件が決まった周永康・元政治局常務委員の母校、中国石油大学のキャンパスに掲げられていた周氏の手になる校訓の題字が周氏の失脚後2週間で撤去されていたことが分かった。

 米国に拠点を置く中国情報専門の華字ニュースサイト「多維新聞網」が報じた。権勢が盛んなときは擦り寄っていくが、いったん失脚すると、「クルッ」というネットにおけるアスキーアートのごとく掌を返したように冷たく接するという中国独特の非情さを浮き彫りにした行為といえよう。

 周氏の題字は同大の校訓である「厚積薄発 開物成務」という8字成語。「長い間、努力すれば、すべては成し遂げられる」と解釈され、昨今の努力もしないで、要領だけで、物事を成し遂げようという風潮を暗に批判している。原典は中国の古典の「易経」による。

 周氏は2012年9月に同大を訪問した際、同大学長から「校訓として、何か書いてほしい」との求めに応じて、この8字成語を披露し、成語のあとに「周永康」と自らの名前を添えたという。

 大学側はこの書を写真撮影し、20mほどに大きく引き伸ばして、キャンパス内の新総合棟入り口に飾っていた。

 ところが、7月29日に周氏が「重要な党の規律違反」により、失脚したことが報じられると、大学側は題字の最後にあった「周永康」との名前の部分を隠し、8月14日は巨大な題字そのものを撤去してしまった。

 これについて、ネット上では「これらの行為は歴史そのものであり、何らおかしいことではない。追従者は永遠に追従者であり、(題字撤去という)このような行為は道理に叶っている」との書き込みがある一方で、「中国社会には、民主や自由は一切ない。まるで、黒社会(やくざの社会)のようなものだ。それに対して、台湾を見よ。陳水扁(台湾元総統)は刑罰を受けたが、いまだに陳水扁が書いた額や題字はいたるところにある。(台湾には)撤去する人はおらず、敢えて撤去しようとはだれも思わないのである」と書き込まれている。

 周氏が最後に公の場に姿を現したのは昨年10月の同大のイベントだったが、その際、周氏は自身の手になる題字が撤去されることになろうとは想像だにしなかったに違いない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国全人代委員 習近平国家主席に無策の環境大臣罷免を要求
中国人民大学前学長 愛人秘書の経歴を詐称し教授登用が発覚
中国政府 抗議デモの激化恐れ大気汚染対策費3倍増の27兆円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP