ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福島の工事関係者が告発「手抜き除染を行い復興費が消えた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 予算は4年で1兆4000億円──。今、福島県を中心に莫大な税金が投入されて除染作業が進められている。住宅の屋根や壁、道路の舗装の表面を高圧洗浄したり、表面の土を削ったりして放射線量を下げることが目的だ。ところが今回、本誌は作業を請け負う業者が「手抜き除染」を行なっているという情報を得た。

 問題になっている工区は福島・郡山市の中心部から数キロ南の住宅地や農地が広がる地域。郡山市が発注し、中堅ゼネコンが元請けとして受注、昨年末から今夏にかけて下請け業者が実際の作業を行なっていた。工事関係者が告発する。

「市の発注内容は『放射線量を半分以下にする』というものだった。線量を測りながら作業し、たとえば毎時0.5マイクロシーベルトの場所であれば、0.25マイクロシーベルト以下に落とせば作業完了。

 だが、工事が始まると元請けゼネコンが下請けに“線量が半分以下にならなくても、土の表面を5cm削るだけでいい”と指示した。線量が高い地域では5cmでは足りないのだが、それ以上表面を削ると労力も時間もかかるので、手抜きを指示したのだろう」

 さらにこのゼネコンは“線量がそれほど高くない舗装道路は高圧洗浄などの作業をしなくていい”とも指示したという。

 元請けゼネコンは市から一定金額で受注しているため、下請けの作業を減らせば工賃の支払いが減り、利益が増すという目論見だったのだろう。

 当該ゼネコンに尋ねると、「お盆休みのために担当者が不在」と回答を得られなかった。発注者である郡山市役所生活環境部の担当者は、「そうした手抜きの実態は把握していない。指定された場所を除染していなかったとすれば契約違反」という。

 早急な調査が待たれる。

※週刊ポスト2014年8月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
バブル時代伝説の役得 ゼネコン社員は現場監督で家1軒建つ
原発除染 費用数十兆円の「除染バブル」発生可能性指摘される
除染作業 在京ゼネコン受注で地元の雇用に繋がらないとの声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP