ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【松屋】プレミアム牛めしにかけるとうまい七味! 実はテスト販売時と現在で味が違う事が判明!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

牛丼チェーン店・松屋は、従来の牛めし(牛丼)よりも90円高いプレミアム牛めしを販売し、好評を得ている。

肉の美味しさが増し、従来よりも大きめにカットされた牛肉は、食べ応え十分。

プレミアム牛めしには味噌汁と「松屋黒胡麻焙煎七味」(木筒)がついてくる。勿論プレミアム牛めしも美味しいが、「松屋黒胡麻焙煎七味」の味に感動している人もいるようだ。

松屋は一部の店舗でプレミアム牛めしを先行販売していたが、公式に販売されている現在のプレミアム牛めしと、一部内容が違う事が判明した。

そう「松屋黒胡麻焙煎七味」が違うのだ。

松屋はプレミアム牛めしのテスト販売時「京都祇園 黒七味 原了郭」を使用していた。

その後「松屋黒胡麻焙煎七味」に変更し、現在に至る。双方はスパイスとしての特徴は似ているが、似て非なるもの。

「京都祇園 黒七味 原了郭」の値段は木筒を含めて864円。詰め替え用は10グラムで378円。ちなみにS&Bの「七味唐からし」は15グラムで130円なので、それと比べると高級品なのがわかる。

「松屋黒胡麻焙煎七味」は唐辛子の赤みが残っており、味はマイルド。鋭さは無いが、じわっとくる辛さが特徴。

「京都祇園 黒七味 原了郭」は唐辛子の赤みが無くなるまで手で揉み込む為、全体的に黒い。また、山椒の強い香りが際立ち、鋭くも深い辛さを生みだしている。

松屋マニアの事情通によると、「京都祇園 黒七味 原了郭」はテスト販売時に客から「辛い」との意見があった為、よりマイルドに改良した「松屋黒胡麻焙煎七味」にしたようだ。「京都祇園 黒七味 原了郭」と原材料は同じだが、配合比率を変え、新たにアオサを加えているという。

テスト販売時にプレミアム牛めしを食べた人が、2回目以降に食べた際「何かが違う」と感じたケースがあったようだ。それは「京都祇園 黒七味 原了郭」が「松屋黒胡麻焙煎七味」に変更された為ではないだろうか?

だが、松屋マニアの事情通は「原了郭のほうが牛めしの旨味が際立つので美味しかった」と語っており、このあたり、賛否両論のようである。

記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP