ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで影絵の世界! ウー ベイン橋で絶景なる人の流れに癒やされる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アマアプラ・ウーベイン橋は、ミャンマーにある木製の長い橋。おじさん、おばさん、僧侶、自転車、犬、猫、あらゆる命ある者たちがこの橋を渡る。

何万人、何百万人、何千万人、もしくはそれ以上の人々がこの橋を渡ってきた。そう思うと、夕焼け空から照らす橙色の光が神々しく見える。

ミャンマーはかつてビルマと呼ばれていた国で、訪れる日本人からは「船気良き日本の雰囲気が残る国」という声も出ている。人も文化も素朴で優しいのだ。

ウーベイン橋は見ているだけでも神秘的な雰囲気を感じられるが、ここまで来たのであれば実際に歩いてみたいところ。橋の下はタウンタマン湖が広がっており、橋の長さは1200メートル。

ミャンマーの首都から離れているが、1~2泊ほど多めにとってウーベイン橋に行く価値があるといえる場だ。

Post: GoTrip!

Post: GoTrip!

via: imagyn.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP