ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お手軽な不倫ドラマに深刻な家族ドラマ 時代を象徴している

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 時代の写し鏡だと思えば、これらの作品の「落差」も理解しやすいかもしれない。ドラマウォッチを続ける、作家で五感生活研究所の山下柚実氏が指摘する。

 * * *

 お盆休みもあけて、残暑の日常が戻ってきました。今期の夏ドラマの話題の一つは「不倫」です。

『同級生~人は、三度、恋をする』(木曜夜9時TBS系)に、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(木曜夜10時フジ系)。木曜の夜は立て続けに不倫ドラマが2本、放送されて注目を集めています。

『同級生』は柴門ふみの原作。40歳を迎えた男女4人が中学の同窓会で再会し、互いの思いが再燃する。ヒロイン・あけひ演じる稲森いずみは、「キスして」と言ったとたん「冗談だよ」とごまかしたりする。妙に思わせぶり。甘えてモーションかけるブリっこ女。昔よく見かけたパターンです。ふと、20年前の柴門ふみ原作『東京ラブストーリー』を思い出します。

 そのあきひに惹かれ、翻弄されまくる健太(井浦新)が、またまたレトロ感満載の人。どこか時代とずれた、おとぼけキャラクター。と、見ている方がちょっと恥ずかしくなるチープ感たっぷり。「不倫」というテーマさえ描けば、もうそれで十分なのかも。実に作り込みが浅い、昼メロ的ドラマに仕上がっています。

 一方の『昼顔』も、負けず劣らず場当たり的な作り物感が満載です。夫とは別の男に恋する主婦「平日昼顔妻」がテーマ。パート主婦の紗和(上戸彩)はたまたま生物教師・北野裕一郎(斎藤工)に出会う。高校教師はいきなりしゃがんで穴を掘り昆虫観察。そのベタな姿に惚れた紗和。あっという間に二人は手を繋いで、昆虫獲りへ。森の中で紗和の方からキスを迫り…越えてはいけない一線を越えていく。

 もう一組登場する不倫カップルは、専業主婦・利佳子(吉瀬美智子)と画家・加藤(北村一輝)。二人の不倫を嗅ぎつけた夫(木下ほうか)は、タクシーで尾行。

 尾行。出会い系サイトで男を漁る美人妻。野性的で荒々しい画家。実にベタな展開です。随所に思いつきの軽さがあって、笑えてしまう。作り物の空虚感がむしろ開き直りにも見えてきて、いい感じ。

 妙な褒め方ですが、どちらのドラマも、お手軽感が魅力です。作り込まない、リアルを追究しない。「ああどうせウソだから」「もう展開はわかりきってるし」「その場その場で面白く見せればいい」というような。「そんなのある?」といういいかげん(良い加減)な設定を「あり」として楽しむ高等娯楽。絶妙な力の抜き具合。みんなが入れ込まない感じがいい。視聴者も制作側も、誰も深刻じゃない。一、二度見過ごしても話がすぐわかる。

 むしろ、深刻さが問題になるのは別のドラマ。リアルな暴力を追い求めていく社会派。一家心中、暴力、殺人といった要素をこれでもかこれでもかと描く『家族狩り』(金曜午後10時TBS系)。

「ここまでリアルな残酷シーンばかりが続くなんて、耐えられないわ。前のクールで話題になった『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』ならば、何とか似たようなシーンでもがまんできたんだけれど。あれならフィクションとして楽しく観られました。けれど、『家族狩り』はもう無理」と60代のドラマ好き女性は言いました。

「最近ニュースで流れてくる現実の事件が、友達を殺して解剖したとか目を覆いたくなるような暴力的な内容ばかりですよね。その上に、また家族間の暴力を描く刺激的ドラマなんて見る気がしないでしょう」というのは50代の男性の感想。

 作り物感満載のチープな不倫ドラマが、その娯楽性を輝かせる時代。一方で、暴力をテーマにした刺激的なドラマは、リアリティばかり追究すればかえって陰惨さが際立ってしまい、敬遠されるということでしょうか。ちなみに、『家族狩り』は映画撮影用のデジタルビデオカメラを使い、家庭の現実味を伝えるためのセットを作り、映像エフェクトとサウンドエフェクトで「臭い」まで表現しようと試みているそうです。

 テレビドラマは、常に時代とともにある。その時の社会の空気、雰囲気と一体であり、その中で鑑賞されるという現実がある。夏ドラマの反響は、今の社会の「軽さ」と「深刻さ」をそっくり浮き彫りにしていそうです。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
TVドラマ自主規制 強盗逃走場面でシートベルトやヘルメット
ドラマ『昼顔』大ヒット 不倫妻を演じる上戸彩を撮りおろし
橋田壽賀子 ヨン様について「私はああいう甘いの趣味じゃない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP