ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】在日アメリカ総領事「夫夫」が語るゲイカップル生活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『夫夫円満』/パトリック・ジョセフ・リネハン、 エマーソン・ルイス・ソアレス・カネグスケ著/東洋経済新報社/本体1500円+税

Patric Joseph Linehan/1953年フロリダ州生まれ。2011年8月から大阪・神戸アメリカ総領事館総領事。 Emerson Luis Soares Kanegusuke/1972年サンパウロ生まれ。日系3世。元ブラジル空軍航空管制官。  

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 著者の2人はゲイのカップルで、2007年、同性婚を認めるカナダで結婚し、互いを「夫」と呼ぶ。しかも、公的な存在、“見える存在”だ。一方のパトリック・ジョセフ・リネハン氏はアメリカの外交官で、2011年8月から在大阪・神戸アメリカ総領事館総領事の職にあり、もうひとりのブラジル出身の日系3世エマーソン・ルイス・ソアレス・カネグスケ氏は、日本の外務省から配偶者ビザを発行された同性婚パートナー第1号だ。

 総領事館のHPには、2人が性的指向を理由にイジメを受ける若者を励ますビデオメッセージが公開され、リネハン氏が参加する公式行事にはカネグスケ氏が配偶者として同行する。大阪には「関西日米婦人会」という日米間の交流団体があり、代々総領事夫人が会長に就き、現在、カネグスケ氏がその立場にある。

 本書はその2人がこれまでの歩みを語った本だが、印象的なことがいくつかある。ひとつはゲイ差別の激しさだ。

 リネハン氏が生まれた1953年、アメリカ政府が、同性愛者であるか、そうと疑われるという理由で5000人以上の職員を解雇したというように、1950年代、1960年代のアメリカでは激しい“ゲイパージ”が行なわれた。氏が国務省に入省した1984年でも、上司のひとりは〈国務省に“ホモ”の居場所はない。もし君たちが同性愛者なら出て行きたまえ!〉と言ったという。

 一方、ブラジルもカトリックの影響で“アンチゲイ”の風潮が強く、カネグスケ氏がブラジル空軍のアカデミーに入った1980年代後半、〈同性愛は犯罪〉扱いで、〈発覚すれば、処罰を受け、放校〉となった。ブラジルでは今も、ゲイは暴力の対象だという。

 2人の出会いは2002年、新宿2丁目のゲイバーだった。そのときのことをリネハン氏は、〈彼が笑った顔に目が釘付けになりました〉〈生涯の伴侶となるべき人を見つけた〉と振り返る。そうした記述に最初は面食らい、苦笑したが、2人の愛情についての、あけすけで率直な語りの連続に次第に微笑ましさを感じるようになる。

 恋人となった直後、リネハン氏はカネグスケ氏を東京の米国大使館に連れて行った。国務省の職員は、特に外交官として他国に赴任したとき、アメリカ人以外と「重要な関係」になったら、大使館に報告し、関係を継続する許可を得る必要があるからだ。すでにゲイに対する国務省の姿勢は寛容になっており、関係は認められた。

 実は日本は歴史的、文化的に「男色」に寛容だが、公的な権利の整備は遅れている。その点、同性愛を公的に認めていこうと努力するところはアメリカという国の長所だと思う。  

 もうひとつ印象的なのは、2人が「自分たちがゲイであることの自然さ」を繰り返し述べていることだ。ゲイになる理由はない。選んでなるわけでもない。それは異性愛者が異性愛者になる理由がなく、選んでそうなるわけではないのと同じだ。ゲイはゲイになるのではなく、ゲイとして生まれるだけだ。同性愛のカップルが結婚を望む理由も、異性愛のカップルと同じであり、同性愛者は異性愛者と同じように幸福で充実した人生を望んでいる……。

 本書を最後まで読むと、同性愛者はマイノリティでもなく、異端者でもなく、異常者でもなく、自然な存在であると感じるようになる。自然と異性愛者の意識を変えてくれる本である。

※SAPIO2014年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
同性愛者がなぜ必ずクラスに1人いるのかという謎に迫った本
聖火リレーに同性愛者象徴旗持つ男が乱入しプーチン怒り心頭
マツコとはるな愛の違いと「オネエ」「ゲイ」の意味とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP