ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SKE48広報大使で注目 実はすごかったナガシマスパーランド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あいにくの台風や大雨に見舞われた今年のお盆休み。遊びに行く予定を立てていたにもかかわらず、天気のせいで急遽取りやめて、ずっと家にいたなんていう人も少なくないだろう。

 そんななか、多くの人で賑わったのが、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンだ。この7月には新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」がオープンし、7月としては過去最高の87万人を集客。お盆休みも、不安定な天候にかかわらず、多くの来場者が訪れたようだ。

 関西でUSJが盛り上がっている一方で、中部地方で多くの来場者を集めたのが、三重県の大規模複合型レジャー施設・ナガシマリゾートだ。

 この秋に開業50周年を迎えるナガシマリゾートは、遊園地「ナガシマスパーランド」、温泉施設「長島温泉 湯あみの島」、花と緑と食のテーマパーク「なばなの里」、「名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク」などのほか、ホテルやアウトレットモールなどを含む複合型レジャー施設。同リゾートを運営する長島観光開発株式会社の広報によると、今年のお盆期間(8月8日から17日の10日間)でのナガシマリゾートの来場者数(ホテル、アウトレットモールの利用者は除く)は、38.1万人だったという。

 USJが7月の1カ月で87万人ということは、単純計算して3分の1の10日間なら30万人弱となるわけだが、ナガシマリゾートではそれを上回る40万人近くを集客していることとなる。もちろん、お盆期間なので集客が多くて当たり前だが、悪天候だったことを考えると、10日間で約40万人の集客というのは、ナガシマリゾートの人気の高さを表しているといえるだろう。

 そんなナガシマリゾートの中核を担うのは、遊園地「ナガシマスパーランド」だ。全国的な知名度でいえばまだ低いものの、中部・関西地方では大定番の人気スポットとなっており、日本国内の遊園地では、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに次ぐ年間来場者数を誇る。また、娯楽施設に関する国際団体「テーマド・エンターテインメント協会(Themed Entertainment Association)」が発表した2013年の世界の娯楽施設来場者数ランキングでは、来場者数584万人で18位にランクインしており、世界的にも人気の高い遊園地なのだ。

 まさに中部地方No.1遊園地といえるナガシマスパーランドだが、東京ディズニーリゾートやUSJにはない、大きな特徴がある。それは、毎年7月から9月下旬に営業する世界最大級の屋外海水プール「ジャンボ海水プール」があることだ。

 総面積7万5000平方メートルに、10のプールと11種のウォータースライダーを備える世界最大級の「ジャンボ海水プール」。この夏からは、「ナガシマリゾート広報大使」に就任したSKE48が出演するテレビCMの放映も開始。メンバーたちが「ブーメランツイスト」「サーフヒル」「フリーフォール」という3つのスライダーを体験し絶叫する姿は、ファンならずとも必見だ。ちなみに、SKE48にとって水着でのCM出演はこれが初だという。

 8月11日にはSKE48のナガシマリゾート広報大使就任発表記者会見も行われ、メンバーたちがナガシマスパーランドの思い出を語る一幕も。中部地方出身者が多いということもあり、子供の頃からナガシマスパーランドのジャンボ海水プールで遊んでいたというSKE48のメンバーたち。ナガシマスパーランドのCMに出演することについて、会見に参加していたSKE48の二村春香は「なんだか不思議な気分」と感慨深そうに話していた。

 また、ナガシマスパーランドでは、7月の『TOKAI SUMMIT』や大晦日のカウントダウンライブなど、音楽イベントも頻繁に行われている。会見では松井玲奈が「ライブができたらいいねと、みんなで話をしています」と、SKE48としてナガシマスパーランドでライブを開催するという夢を告白。さらに、松井珠理奈が「屋台も出したい!」と提案すると、松井玲奈も「アトラクションのスタッフをSKE48のメンバーでやったら面白そう!」とアイディアを出すなど、その夢は膨らむばかりだった。

 さらに、この日の記者会見でSKE48は、“ナガシマリゾート広報大使”の初仕事として、2015年7月にナガシマスパーランドに登場する新アトラクション「アクロバット」の概要を発表した。

「アクロバット」は、日本初上陸となる“うつぶせ”で乗るタイプの超大型コースター。地上43mから急降下したり、360度の宙返りをしたり、水面ギリギリを駆け抜けたりなど、まるで大空を飛び回っているかのような体験を味わえる。全長1021mで、最高速度は時速90km、総投資額は約37億3000万円だという。

 会見では、「アクロバット」の最初の搭乗者になる権利をかけて、SKE48のメンバーたちが抽選を行ったが、なぜだかその場にはいなかった須田亜香里がその権利をゲットするという微妙な結果になってしまう(司会者が須田の代理となってくじを引いた)。メンバーたちは落胆していたが、絶叫マシンが苦手だという松井珠理奈だけは安堵の表情を浮かべていた。

「ジャンボ海水プール」に、来年お目見えする「アクロバット」と、遊びどころ盛り沢山なナガシマスパーランド。名古屋駅から直行バスが毎日運行されているので、関東方面や関西方面からでも新幹線を利用すれば、気軽に行くこともできる。まだまだ暑い今年の夏、中部地方にお住みの方はもちろんだが、関東の方も関西の方も、世界18位の遊園地・ナガシマスパーランドまで、ちょっと足を伸ばしてみては?


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SKE48松井玲奈&松井珠理奈 お宝水着ショットを独占公開
SKE48メンバー 趣味「食べること」で大食漢でも体は細い
女子会プランが人気のラブホテル フラワーバスや岩盤浴も完備

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP