ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MicrosoftもChromecastのようなメディアストリーミングデバイスを開発中? それと思われる「HD-10」がFCC/Wi-Fi Allianceの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Microsoft が自社で Google Chromecast のようなスティック型のメディアストリーミングデバイスを開発しているという話が浮上してきました。噂の発端は、最近になって FCC や Wi-Fi Alliance の認証を取得した「HD-10」という Microsoft 製品の存在です。Wi-Fi Alliance の認証情報によると、「HD-10」は、「Miracast Dongle」という名のメディアアダプタ製品で、OSにLinuxを採用しており、Wi-Fi b/g/n(2.4GHz帯)に対応しています。「HD-10」は、8 月 19 日付けで FCC の認証も取得しており、FCC ID などのラベル貼付け部分の周辺が上図のような形状をしていることが判明しました。サイズはわかりませんが、スティック型の製品としては珍しい円形のデザインを採用しています。スティック型ではないかもしれません。とりあえず、「HD-10」が Miracast をサポートしていることは確かなので、ワイヤレスディスプレイのための製品になると予想されます。Source : FCCWi-Fi AllianceThe Verge


(juggly.cn)記事関連リンク
Meizu MX4はカラフルなカラーリングで展開? オレンジカラーのバックカバー写真が流出
LGはIFA 2014でMoto 360のような円形ディスプレイを搭載したスマートウォッチを発表予定、ティザー動画でデザインを確認
Video to GIF : スマートフォンの動画をアニメーションGIFに変換するAndroidアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP