ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラジルの小売店が「Moto X+1(Moto X One)」と「Moto Titan DTV」の製品ページを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年、Motorola の新スマートフォン「Moto E」が発表される前に製品の正確なスペック情報を公開していたブラジルのネット小売店 Livraria Logos で、今度は「Moto X+1(Moto X One)」と「Moto Titan DTV」と呼ばれる未発表機種の製品ページが公開され、一部のスペック情報が判明しました。同ショップで公開されたのは、「XT1097」と「XT1069」の製品ページです。「XT109X」は Moto X+1、「XT106X」は Moto G 後継の型番として噂されています。興味深いことに、XT1097 にはブラックカラーと「Bamboo」という Moto X では MotoMaker サイトでしか選択できなかった竹素材のバックカバーを持つモデルも掲載されています。Moto X+1Android 4.4.45.2インチHDディスプレイ2.2GHzクアッドコアプロセッサ1,300万画素カメラMoto Titan DTVAndroid 4.4.45インチHDディスプレイ1.2GHzクアッドコアプロセッサ1GB RAM / 8GB ROM800万画素カメラいずれも、同サイトでは 9 月 5 日に発売されることになっています、Source : Livraria Logos


(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Dolphin Browser v11 Betaがリリース、次期メジャーアップデート版を今すぐ試せる
インド Spice、日本円で4,000円の超低価格Firefox OSスマートフォン「Fire One Mi-FX 1」を発表
Nova Launcher v3.1 ベータ版が公開、ドロワー表示時のサークルアニメーション、検索画面の機能性が向上

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP